人気ブログランキング |

雲の芸術@アメリカの大空

最近、空を撮影するのが好きになってきました。夕日とか、雲とか、美しいですね。雲の写真ばかり撮影しているプロのカメラマンさんがいらっしゃいますが、気持ちが分かるような気がします。まだ、一瞬のチャンスを待って半日張り込むなんてことはやってませんが、大自然の一瞬の美しさを撮影できたらきっと感動するのでしょうね。ああ、もっといいカメラが欲しい。。。っと、その前に腕が必要です。

↓が雲に興味を持つキッカケになった写真。思わず車から降りて写真を撮りました。
f0147518_9454592.jpg

   
どうしてこういう雲が出来るのかは只今勉強中ですが、雲についてちょっと調べてみました。雲は国際的に「10種雲形」という10種類に分類されているそうです。↑の帯状の雲は巻積雲(けんせきうん)かな?それとも高積雲(こうせきうん)かな?えっと。。。「地上から30度以上に浮かぶ雲片が腕を伸ばして小指の幅より小さければ巻積雲という。」らしいので、これは真上の空にあったから巻積雲だ!綺麗に2本の帯状になってますよね。巻積雲というのは、空の一番高い上層にできる雲の一種で色々な綺麗な模様を描くらしい。ふーん。飛行機が居る辺りの薄く広がった雲は巻雲(けんうん)。すじ雲。お天気が悪くなる兆候になることもある。ふーん。
f0147518_9463167.jpg

   
飛行機雲は、ジェットエンジンの排気ガスに含まれる水分によるものと、翼部分の低圧に起因するもの。。。う、科学の時間だ。。。いつでもできるのではなく、あらゆる条件が重なってできるので、こういう空を見ると「おお!」と思うのです。

↓は車の中から撮影しました。ニューヨークとニュージャージー上空は航空機ラッシュの空なので飛行機雲が発生し易い気象条件の日には、こういう現象が起こるのでしょうか?
f0147518_94712.jpg

  
↓は、ちょっと低いし、分厚いので中層にできる高積雲かな。いやー薄くも見えるので巻積雲かあ?巻積雲なら「うろこ雲」かな。高積雲ならそう呼ばないみたい。なんだか、街灯が雲に浮かぶUFOみたいと思ってます。
f0147518_9472239.jpg

     
①雲に隠れた太陽から生まれた龍が。。。
f0147518_9474428.jpg

②雲の間を突っ切るように。。。
f0147518_948173.jpg

③大空を駆けていく。。。右の方が龍の頭に見えたりして。。。あ、完全に雲にハマッテル(苦笑)
f0147518_9482343.jpg

↓は向こうから読んでくださいね。“...She choose・・・”愛のメッセージかな?ロマンチックですよね。彼女は何(誰)を選んだんでしょう?時間がなくて最後まで見届けられなくて残念。こういう文字を書いたり、アクロバット飛行で見せている雲は、油を使って作っているので飛行機雲ではない。。。ふーん。
f0147518_949691.jpg

by cinnamommilktea | 2007-01-07 10:00 | ちょっとした暮らしの風景  

<< パリセーズモールで回転寿司 記録的暖冬@セントラルパーク >>