「魔笛」@メトロポリタンオペラ

メトロポリタンオペラ「魔笛」(Die Zauberflote) を観に行きました。12月20日の初演日。
「マダムバタフライ」「セビリアの理髪師」に続いて今シーズン3本目です。
メトロポリタンオペラは、今シーズンから新しい総監督を迎え、新作発表やリハーサル公開、映画上映など様々な新規経営戦略に取り組んでいます。
f0147518_6555824.jpg

   
この「魔笛」は、「ファーストエンペラー」や「マダムバタフライ」などと並んで今年、メトロポリタンオペラが力を入れている作品の一つです。プロデューサーに、ミュージカル「ライオンキング」のJulie Taymor氏を迎えたり、英語版で1時間40分に短縮した(本来は3時間10分)“The Magic Flute”という子供向けバージョンを上演したりしています。子供の頃からオペラに親しんでもらって、ファンを育てて行こうという先を見通した経営戦略?でしょうか(笑)
この短縮版の12月31日公演に、重要な役どころの「夜の女王」役で日本人ソプラノ歌手森谷真理さんがMETデビューされます。日本人5人目の快挙。すばらしいですね。ご成功をお祈りしております。
f0147518_6572373.jpg

   
いつもオペラ鑑賞前は、ネットで日本語解説を探し予習をして行きます。「魔笛」の予習にはこちらのサイト「オペラ「魔笛」虎の巻!」がオススメです。
この予習の成果もあって、かなり理解しながら鑑賞できました。「ライオンキング」を思わせるコスチュームや独創的な舞台装置は言うまでも無くすばらしいです。一幕はちょーっと退屈でしたが、二幕はストーリー展開も速く、ときどき笑いも出ながらの楽しいオペラ鑑賞ができました。これもオススメの作品です! 
  
f0147518_658529.jpgこれは座席から。いつもの5階のファミリーサークルの今回は最前列A110番。背もたれにちゃんともたれるとこの視界になります。前は広くて足は楽ですが、手すりが高いので前に屈まないと舞台が全部見えません。でも、前に屈むと後ろ人が見えないので苦情がでるかもしれません。。。私は座席を蹴られたので、その後は思いっきり座高を伸ばしての鑑賞となり背中が筋肉痛になりました。

f0147518_6585510.jpg

   
以前、リンカーンセンターのクリスマスツリーを投稿しましたが、そのときに紹介したウェッジウッド製のオーナメントです。このときに買いました。我が家のツリーにはちょっと大きすぎるのですが思い出の品として買いました。隣にかかっているのは、以前投稿したメトロポリタン美術館のオーナメントです。右の写真はついでに買った“I LOVE NY”のオーナメント。これも思い出の品ですね。
f0147518_704634.jpgf0147518_705518.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-12-20 20:00 | NY エンタメいろいろ  

<< ファーストエンペラー@メトロポ... ユニセフスノーフレーク@五番街 >>