McNulty'sの紅茶

マンハッタンのお店については、日常の生活圏ではないので、「一回行ってみた!」という感じになることが多いのですが、そんな中から日常の御用達になったお店が何軒かあります。そういうお店も写真に残しておこうと思います。

第一回?は、紅茶のお店“McNulty's”です。ゲイさんの町グリニッジ・ビレッジにあります。
f0147518_4554159.jpg

   
余談ですが。。。
私は“お茶好き”。特に紅茶は必需品です。別にカッコつけてるわけではありません。乳離れと同時に、母が哺乳瓶に朝食で残った紅茶を入れて私を育てた為に、そういう体質?になりました。それも、哺乳瓶に入っていたのは、とてもストレートでは飲めないストロングなセイロンティ。それにエバミルクを入れたミルクティです。砂糖はなし。私はその紅茶が大好きで、哺乳瓶に違う飲み物を入れても飲まなかったそうです。それに、お昼寝もあまりせず、夜更かしも大好きな赤ちゃんだったとか。。。
今でも一日一回ストロングなセイロンミルクティをマグカップに2杯は飲まないと、禁断症状が出ます(笑) なので、こちらに来て先ず必死に探したのが、美味しくて、しかも毎日飲める安いセイロンティを手に入れる為のお店でした。
f0147518_456533.jpg


アメリカは、お茶については驚くほどの後進国。リーフティが買えるお店が少ないです。高級レストランでも、食後に紅茶を頼むとただの茶色いお湯なんてことも珍しくありません。
数件のお店と通販で半年くらいかけて飲み比べて「これだな」と辿り着いたのがここのセイロンティ・シルバーニードル。OP(オレンジペコー)のロングリーフです。濃く入れてもエグミが出にくく、私に必要なクッくる程よい渋みが出ます。香りも良く、色も綺麗です。何より1ポンド14ドルのお値段が嬉しい。中国人のおじさんたちが店番しているようです。愛想がいいお店なのですが、「セイロンティ」という私の発音が悪いようで、いつも3回は言います。コーヒーの方が良く売れているお店のようですが、紅茶だけではなく、日本茶や中国茶もあり、種類も豊富です。
レジのところにあるアーモンドチョコも美味しいです。いつも「吹き出物が出るので今日は買わない」と思うのですが、レジに行くと、どうも目がそこに行ってるみたいでおじさんに「どれにする?」と聞かれ、「うーん、じゃあ、エスプレッソの1/4ポンド」と誘惑に負け、帰りの地下鉄で半分は無くなる工程です。

   McNulty's
   109 Christopher St
   New York, NY 10014
   Tel: (212) 242-5351
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-11-01 12:00 | 御用達のお店  

<< CAFE BOULUD スケートリンク@ロックフェラー... >>