<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

モーガン・ライブラリー

国際的金融機関であるJPモルガンの設立者の一人であるJ.P.モーガン(John Pierpont Morgan)の邸宅や図書館が美術館として公開されているモーガン・ライブラリー(The Morgan Library)です。 
彼が収集した世界的にも貴重なコレクションは、MOMAやメトロポリタン美術館にもない歴史的逸品揃いです。とにかく警備が厳重で、コートも着ないなら必ずクロークに預けなければなりません。館内の売店で買ったものを持って入ろうとした紳士が、入口で止められてクロークに預けろと命令を受けてました。ピリピリ感が伝わってきますが、それだけ貴重品が多いということでしょうか。
f0147518_1252244.jpg

   
関西国際空港を設計した建築家Renzo Piano氏のデザインによる増築工事が昨年完了しました。邸宅や図書館などの中央にあった中庭に増築し、新旧の建物がつながっています。Piano氏の設計図や模型などの展示もありました。建築に関しては全くの素人ですが「いやー上手くつなげたなあ」と感心しました。  
f0147518_12523778.jpg

   
こちらは図書館。個人のものですよ。イギリス貴族の古いお屋敷にありそうな?立派な図書館で、本の数も尋常ではありません。なかなか雰囲気がありました。
f0147518_12525775.jpg

   
色々なサイトやブログで紹介されていたモーツァルトの直筆楽譜は、現在はオンライン公開のみのようです。係りの人に尋ねたら「一つ前のエキシビションだったんだよー。君たち、見逃したのかい?」と哀れみのまなざしで説明して下さいました。先週観に行ったときは、ソウル・スタインバーグ(Saul Steinberg)の特別展が開催中でした。トリスウィスキーのアンクルトリスを思い出させる懐かしいタッチのイラストで珍しくポストカードセットも購入し「ぜひどうぞ!」と書こうと思ったら3月4日までだったようです。。。

ま、とにかく、これが個人の持ち物かあ!と思うと、アメリカのお金持ちは桁が違うのだと改めて思い知らされる美術館でした。
また、モーガンファミリーが実際に使用していたダイニングルームがありレストランになっています。予約なしでランチをしましたが、12時から1時までの制限付きになりました。料理は(NYでは貴重な)普通でしたが、スタッフの皆さんの対応はスコブル良かったです。新館の吹き抜けの空間にカフェもあります。

また興味ある特別展のときに、何回か行ってもいいなあと思える素敵な空間の美術館でした。



   
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-02-28 12:00 | NY 美術館・博物館  

チカリシャス 美味しいデザートバー

日本では当たり前に食べられる美味しいデザートですが、ニューヨークではめったにお目にかかることがありません。(ニュージャージーでは不可能?です(笑))
近年ニューヨークで流行っているのがデザート・バー。スウィーツをオシャレに楽しむことができる大人に人気のスポットです。各デザートに合うお店のセレクトワインと楽しむのがNY流?のようです。
f0147518_1247196.jpg今回はイーストビレッジにあるチカリシャス
Chikalicious”に行ってきました。午後のお茶時間だったのでワインではなく、ストロベリー風味の緑茶と一緒に美味しいデザートをいただきました。ワインが飲める方は、ここのセレクトはなかなか良いそうですよ。3コースのデザート・プリフィックスが12ドル。私はメインに「フロマージュ・ブラン・アイランドチーズケーキ」を友人はプディングを注文。真っ白でフワフワ。冷たい幸せが口の中一杯に広がりました。プディングも幸せな味だったようです。プティフールもどれも繊細で程よい甘さの逸品。予約は取らないお店です。平日の午後3時の開店に合わせて行きましたが、開店と同時に席の半分が埋まりました。


チカリシャスはオーナーでパティシエの千加さんとデリシャスの造語だそうです。お店の外観は看板もなく慎ましいたたずまいです(手前から2軒目の大きなガラス窓の建物)。客層は全員アジア系だったので、アメリカ人にも人気が広がればいいのにと思ったのですが、口の中でお砂糖がジャリジャリするカップケーキが一番美味しいデザートだと思っている彼らには、あの繊細さは理解できないかもしれませんね。

店内は飾り気がなくシンプルですが、どこかアットホームな感じで、くつろげます。「ココは美味しいかもしれない?!」とニューヨークの有名デザートを何度もチャレンジしガッカリが続いている方にオススメです(笑)
f0147518_1249193.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2007-02-21 13:00 | NY レストラン&カフェ  

ハドソン川の流氷

今日、映画館からでてくると、ハドソン川の対岸のマンハッタン側の川岸がキラキラ白く輝いていました。ひょっとして。。。と思って、帰りに通るRoute5から眼下のハドソン川に目をやると。。。おお!来ました、来ました、流氷です。今年初めてかどうかは分かりませんが、昼間にこれだけはっきり見たのは今年初です。
f0147518_12224553.jpg

   
今月に入ってからオペラ鑑賞にの帰りに真夜中にフェリーに乗ると、ハドソン川の流れの中に小さな氷の破片が混ざっていたり、埠頭の淵に氷が付いていたので、今年は来るぞと思っていました。昨年は本当に暖冬で流氷が見られなかったので残念に思っていたのですが、やっぱり、冬のハドソン川には流氷が来ないとね(笑)
f0147518_1223183.jpg

   
「わ!流氷!!」と喜び勇んでバッグを開けると…カ、カメラが、ない!「なんでいつも入れとかへんの!」「取りに戻るぅ」「俺は行かへんで」「一人でええわ!」と穏やかな会話をしながらカメラを取りに戻り、せかっくなので川岸まで降りてみました。運転手君、ご苦労!
f0147518_1223516.jpg

   
川の流れの関係で、残念ながらニュージャージー側にはあまり接岸しておらず、ニューヨーク側に接岸しているようでした。ということで、GWBが良く見える“Fort Lee Histric Park”へ移動し、上からハドソン川を撮影することにしました。
↓の写真は運転手君撮影。マンハッタン側の橋の袂に白く見えているのは氷です。
f0147518_12253975.jpg

     
マンハッタンの160~170丁目辺りになります。
f0147518_12255512.jpg

     
GWBより北側、ハドソン川の上流からどんどん流れて来てます。
f0147518_12261745.jpg

   
徐々に“自然派ブログ”に転向?しつつあるようです(笑)いやー自然は美しいですね。今年は久しぶりに全面凍結するかもしれませんね。楽しみ!
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-02-11 12:00 | NJのおでかけ・外食  

メトロポリタンオペラの記憶 2007年1月~2月

f0147518_12385693.jpg

↑はフェリー乗り場からのマンハッタンです。
真冬の氷点下まで冷えた空気の澄んだ夕方の一瞬。マンハッタンの空が薄紫に染まるこの瞬間が一番美しいと思うのです。

↓は、2007年1月~2月に行ったメトロポリタンオペラの感想などを記録してます。写真撮影ができない場合が多いのでエンタメ系投稿は難しいのですが、今年から写真撮影に関してより健全ブログ?を目指すので(笑)エンタメ系ほとんど投稿しなくなる?と思います。でも今シーズンのオペラは、来シーズンの個人的参考に感想など残しておこうと思います。

 ※あらすじや作品紹介などはほとんど書いていません。


La Traviata (2007年1月13日土曜日)
邦題「椿姫」。作曲者ジョゼッペ・ヴェルディ。1853年発表。

有名な耳馴染みのある曲にクラシカルな舞台に衣装、そして純愛に目覚めた主人公が最後には死んでしまうというオペラらしいストーリー展開で、「オペラ観たぞ!」と思える作品でした。終わった後の観客席の空気も良かったのですし、私達も満足の作品でした。アルフレードの父親役のDeayne Croftさんがとても魅力的なバリトンの声でした。
パートナー君が一番感動したのは、このオペラは映画「プリティ・ウーマン」で、リチャード・ギアの自家用ジェットで二人が観に行ったオペラだったということが分かったこと。なぜジュリア・ロバーツが涙を流すほど感動していたのかが良く分かりました。

La Boheme (2007年1月31日)
邦題「ラ・ボエーム」。作曲者ジャコモ・プッチーニ。1896年初演。

ミュージカル「RENT」は、このオペラをベースに作られたという作品です。ミュージカルも映画も既に観ていたので、人間関係やストーリーは完璧!と思って予習なしで観に行ってしまいました。友人も事前に映画を観て来たということでしたが、やはり予習は必要です。確かに同じだと思える場面も多く、比較しながら観るのも楽しいのですが、ストーリーは別物。ちゃんと予習をして行けば、もっと楽しめたのにと残念に思いました。
このオペラの一番の楽しみは、ミミ役のCrictina Gallardo-Domasさん! 彼女の公演の日を選んでチケットを買いました。クリスティーナさんは「マダムバタフライ」で蝶々さんを演じた歌手です。まだ3月以降に6本観に行く予定ですが、今までのところ一押しはクリスティーナさんの「マダムバタフライ」です。目頭が熱くなるほど感動し、幕が降りた後にピンと張り詰めた静けさの中から、ドドーっと地響きのような拍手が起こったのを覚えています。「ラ・ボエーム」ではミミが死んでしまうのうのですが、彼女の切ない歌声がピッタリの役所でした。
このオペラはパリのカルチェ・ラタン(セーヌ川左岸の学生街)のアパルトマンの屋根裏部屋が舞台ですが、この舞台セットが私好み。セピア色のパリの雰囲気を上手く出していて一枚の絵の中でオペラを演じているように見えました。メットの舞台セットは本当にすばらしい!

Cavalleria Rusticana/Pagliacci (2007年2月7日)
邦題「カヴァレリア・ルスティカーナ」。作曲者ピエトロ・マスカーニ。1890年初演。
邦題「パリアッチ(道化師)」。作曲者ルッジェーロ・レオンカヴァッロ。1892年初演。

観に行った日の二日前、帰宅したパートナー君が「ゴッドファーザー・パート3でラストシーンに使われたオペラをやってるらしいで」という情報を持ち帰って来ました。「映画、知ってる!でも、オペラの題名が分からん!」。今は便利な世の中ですね。ちょっと調べたらすぐに「カヴァレリア…」だと分かりました。しかし、メットのスケジュールを観ると残り公演は2日。しかも、最終日は売り切れ。えーっ、明後日!しかも翌日2月8日は「清教徒」を観に行く予定。メット連ちゃん…さすがにキツイ。しかし、2シーズン続けて同じ演目はやらないと聞いているのでラストチャンス?!ということで「ファースト・エンペラー」以来2度目の前日チケット購入の衝動オペラと相成りました。
2作品とも不倫の末に殺されるというドロドロの昼メロのようなストーリーで、「カヴァレリア…」は夫が浮気し、「パリアッチ」は妻が浮気します。この「カヴァレリア」で浮気する夫役と、「パリアッチ」で浮気される夫役をSalvatore Licitraさんが続けて演じました。インターミッションがあるとはいえ、180度違う役柄を見事に演じ切り、しかもすばらしい歌唱力で、特に道化師役では観客を舞台にグッと引き込み、大喝采を受けておられました。5月に行く「三部作」にも出演されるので楽しみです。
どのオペラももちろん高度な歌唱力が必要ですし、メットに出ておられる歌手の皆さんはピラミッドの頂点を極めている皆さんだということは、よく分かっています。ただ、数を見ると、少しづつ頂点の中にも更にピラミッドがあることや、曲や演出の良さが歌唱力を助けていたり…そういうことが少しずつ見えてきました。 
この2作品は主役の歌唱力が全てのようなオペラだと感じました。曲は2作品ともとても美しい楽曲です。視覚的には、「カヴァレリア」は一幕物なのでずっと開いたままだし、「パリアッチ」も2幕ありますが、舞台セットはそのままです。しかもとても地味な背景で、出演人数も少なく視覚的に楽しむ要素があまりありません。「カヴァレリア」は浮気される妻サントゥツァ役、「パリアッチ」は座長のカニオ役の歌唱力に全てがかかってしまうような作品だと思いました。
もちろん、2作品ともすばらしかったです。予習しなくても100%理解できる分かりやすい内容で美しい楽曲にすばらしい歌唱力。2本立てのお得感もあって、私ランキング上位にいます。  
この2作品は2本立てで公演されることが多いそうです。マスカーニが楽譜出版社の懸賞に応募し「カヴァレリア…」で優勝したことに触発されてレオンカヴァッロが作曲したのが「パリアッチ」だそうです。「パリアッチ」は2幕あるので、懸賞の条件「一幕物」を満たしておらず優勝は逃しますが、この作品で一躍有名作曲家になります。しかし、二人とも後世には一作品しか残らず一発屋と呼ばれているそうです。また、2作品とも↑のように不倫がテーマで、人々の生活のリアリズムを描いていることから「ヴェリズモ」(写実主義)オペラという分類に入るそうです。上演時間も共に約70分だったり、ラストシーンが歌ではなく台詞で終わるところまで同じでまるで二本立てで上演されるためにできたようなオペラですね。

I Puritani (2007年2月8日)
邦題「清教徒」。作曲者ヴェンチェンツォ・ベルリーニ。1834年作曲。

メットのサイトにやたらめったら Anna Netrebko(アンナ・ネトレブコ)という名前が登場し、大宣伝しており、おまけに珍しく(失礼)とても綺麗な人だったので観に行こうと思ったのですが、現代のプリマドンナと呼ばれている大人気の方だということが後で分かりました。このオペラの主役エルヴィラを演じるには、コロラチェラ・ソプラノの声と優秀な歌唱力が必要ということで、過去にも大物歌手が名演を残しているそうです。この度はメットの10年ぶりの再演ということでした。
チケットは一ヶ月前くらいに購入。その時点でネトレブコさんの出演日で購入可能な範囲内のチケットは売り切れ寸前。ファミリーサークルの上から2列目でしたが、ほぼ中央をなんとか確保。作品的にはそうそう人気の作品でもない?らしいのですが、この売れ行きはネトレブコ効果。オペラが始まり途中でネトレブコさんが登場すると登場したたけで大拍手に黄色い?歓声が上がりました。これはドミンゴさんのとき以来です。
この日はネトレブコさん見たさのミーハー(私も含め)が多く、ファミリーサークルは行儀が悪すぎ!しゃべるは、飲むは食べるは、携帯が鳴るは、前の人が身を乗り出すので舞台が見えない!! この日とうとう初めて前の男性に“え、エクスキューズミー サー…”と「もうちょっと後ろに座ってください」と拙い英語で言ってしましました。とても紳士的で分かっていたように照れ笑いしながら「OK!」のお返事だったのですが、その前の観客が恐ろしく身を乗り出す人で…その前も…うっ。「写真撮らないで」の注意と一緒に「身を乗り出さないで!」の注意もして貰いたいです。 
それにしてもネトレブコさん、すばらしい!!美しい!!歌声はもちろんですが、顔も姿も美しく、演技力も抜群です。天は二物どころか、四物も五物も与えることもあるのだなと思いました。次の登場を心待ちにさせる魅力のある方でした。来シーズン要チェック歌手のお一人です。
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-02-07 20:00 | NY エンタメいろいろ  

ピーター・ルーガー ニューヨーク№1ステーキ

ニューヨーク№1のステーキのお店、ピーター・ルーガー“Peter Luger” に行ってきました。1887年から続く老舗で、NYザガッドサーベイランキングで23年連続第1位を獲得しているあまりにも有名なお店です。
ディナーは一ヶ月先でも予約が取れないと言われるほどのお店なので、今回は土曜日のランチにしました。予約したのは前日の金曜日の夜。11時45分からお店が開いているというのでその時間にしました。

ニュージャージー(GWB)からマンハッタンのイーストリーバー側を通り、ウィリアムズバーグ・ブリッジを渡って行きました。多少の渋滞がありましたが、約40分で到着。
ウィリアムズバーグ・ブリッジ(Williamsburg Bridge)のです。1903年に開通。写真左手の橋の中央は地下鉄が通ってます。
f0147518_1005070.jpg


橋の上からイーストリバー下流側の景色です。二本並んで見える橋は、マンハッタン・ブリッジとブルックリン・ブリッジです。右側がウォール街辺りの摩天楼、左がブルックリンです。
f0147518_1011872.jpg

     
↓は帰りに撮影したイーストリバー上流方向。エンパイアーステイトビルや国連も見えてます。よいお天気です。
f0147518_1013658.jpg

     
ウィリアムスバーグ・ブリッジをお店の前から撮影。お店は橋を渡ってすぐにあるので車で行っても便利です。
f0147518_1015434.jpg

   
↓左は駐車場の目印。橋を降りて右手にすぐ見えます。15台くらいは駐車できます。見張り番?のおじさんが一人立っています。バレットではないので、特に何をしてもらうわけではないのですが、チップって要るのかな。。。?迷っているうちに、結局渡しませんでした。おじさん、とてもガッカリしていたので、次回は渡すことにします。   
f0147518_1022160.jpgf0147518_10228100.jpg

駐車場前から見たお店の外観。徒歩1分です。
f0147518_1025455.jpg

     
お店を入ると堂々のザガット1位の額がズラーっと。
f0147518_103117.jpg

   
二人で注文したのは、ベーコン、ステーキfor2、クリームドスピナッチ、ジャーマンポテト。クリームドスピナッチとジャーマンポテトは最小が2人前。ベーコンは出てくるのが早いのでオードブル代わりになりました。このベーコンが感動的に美味しかった!パンもとても美味しかったので、このベーコンとパンで普段なら十分なランチになりそうでした。
f0147518_104753.jpg

   
クリームドスピナッチとジャーマンポテトも美味しかったです。特にジャーマンポテトは殆ど私が食べたくらいに大好きな味でした。さて、ステーキですが、やっぱり美味しい!特に最初の2切れ。何もかけずに肉汁だけでいただきました。感動的!
ここのソースはちょっと甘いので、お醤油も頼めます。でも、私たちは結局最後まで肉汁だけをかけていただきました。日本のお肉のような風味はありませんが、また違ったダイナミックなお肉の味を堪能できました。いきなりソースやお醤油をかけずに先ずはお肉だけで楽しむのかオススメ。   

f0147518_104454.jpg二人で上記の注文はちょっと多いかも。デザートのオリジナルホットファッジにはたどり着けず、次回のお楽しみとなりました。
お肉とパンはお持ち帰りできます。←の袋に入れてくれます。金貨のチョコもいっぱいもらいました。このチョコもクリーミーで美味しいです。
お肉とパンは翌日になっても美味しくいただけます。お肉、冷蔵庫に入れて翌日、フライパンで再度火を通してもまだ軟らかかったです。

ここのお店の評価は色々だと聞いたことがあります。お肉の焼き加減も何度か行くとまちまちだったり、担当のウェイターさんによってサービスに差があったりもするようです。私たちは、お肉の焼き加減も大変良く、ウェイターさんはちょっと年配の方だったのですが、アメリカ的な余分な愛想のない、無駄をそぎ落とした合理的で行き届いた、大変心のこもった一流のサービスでした。次回もご指名でお願いしたいくらいです。

それにしても、人間変われば変わるもの。BSEが怖くて、絶対牛肉は食べないぞと心に誓っていたのはいつのことだったのか。今やポーターハウスよ、Tボーンよ、脊髄に近くたって関係ないのよ。美味しいものは美味しいのですよ!!

ぜんぜん関係ありませんが、帰りに交差点でエンストして立ち往生し、私たちの行く手を遮っている観光バスです。勘弁してくれぇ~。
f0147518_107354.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2007-02-03 11:45 | NY レストラン&カフェ  

ファッションウィーク会場@ブライアントパーク

レストランウィーク・ランチの帰りに前を通ったブライアントパークで開催されているニューヨークコレクションのファッションウィークの会場風景です。 
f0147518_9414351.jpg

公園の周囲にも看板が設置されていて、モードムードを盛り上げています。
f0147518_942211.jpg
    
今日(2月2日)が初日で、既にショーが行われていました。テント入口前には有名人が出てくるのを待っているのでしょうか?カメラを手にした“出待ち”さんが大勢いました。
f0147518_9422431.jpg

今回のスポンサーはメルセデス・ベンツなんですね。この真冬の最中に次の秋物。。。何が流行るんでしょうねぇ。
f0147518_9424960.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2007-02-02 15:00 | NY 風景 Midtown  

ベルリンの壁 in ニューヨーク

↓の巨大スパイダーマンが居るマンハッタンの“Sony Plaza”の近くに、ベルリンの壁があります。 Sony Plazaは、Madison Ave.と55th St.の角にあります。すぐ近くです。。。写真を撮ったときは、住所を覚えたつもりが。。。忘れました。若年性健忘症かも。。。いえ、もう若年ではないかも。。。
Sony Plazaにはまだ入ったことがありません。待ち合わせに使ったのですが、一回ロビーには誰でも入れますし、椅子がたくさんあるのでミッドタウンイーストでの待ち合わせには便利です。中はSonyグッズやロボットなども居るらしく、幼稚園児の団体が何組も見学に訪れてました。そのうち、入ってみようと思います。
f0147518_12314822.jpg

   
通りすがりに、友人に「ベルリンの壁だよ」と教えてもらいました。言われなければただの落書きかと(大変失礼ですが)思って通り過ぎてました。
f0147518_1232127.jpg

   
この絵の作者“Thierry Noir”(ティエリー・ノアールさん)についてちょっと調べてみました。
ティエリー・ノアールさんはフランス人で、特にアーティストだったわけではなく、バカロレア受験後に職を転々とするフリーターのような生活を送っていた。1982年にフランスのリヨンから当時の西ベルリンに移住し、ベルリンの壁から約5メートルしか離れていないアパートに居住。1984年4月に突然スプレー缶を持ち出し、ベルリンの壁に「時々パクリとやるワニ」という絵を描いたそうです。これがアーティストとしての目覚めだった、そうです。
西側のベルリンの壁には、落書きのような絵が書いてあった記憶がありますが、ノアールさんが最初に描いた人のようです。東側の警備員に追われることもしばしばあったらしいのですが、最終的には約4kmに渡り壁に絵を描いたとのこと。彼の絵は観光客が詰め掛けるほど有名になり、やがて、東西ドイツ再統合と冷戦時代の終焉の象徴、そしてドイツ統一後は、新たな自由の象徴と見なされるようになった。現在も画家として活躍しておられるようです。
(上記はノアールさんのサイトから抜粋。↑の名前にリンクしてあります)
  
f0147518_123310100.jpg

   
↓は、厚みも撮影してみました。意外に薄い。。。この壁を越えたくて、自由を求める多くの人々が命を落としたかと思うと感慨深いものがあります。冷戦時代や東欧革命なども、歴史の教科書でしか知らない世代も増えているのですよね。戦争や対立のない世界になることを心から願いたくなる一枚です。      
f0147518_1233426.jpg

   
余談ですが、ベルリンの壁建設当時はアスベスト全盛時代。ベルリンの壁にも多く含まれているそうなので、見かけられても触らない方がよいですね。     
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-02-02 15:00 | NY 風景 Midtown  

AQUQVIT@レストランウィーク2007

ニューヨーク冬のレストランウィークも今日で終わりましたね。この冬の2件目はスカンジナビア料理の“AQUAVIT”です。

f0147518_9381491.jpg料理や店内の写真がありません。
ちょーっと撮りにくい雰囲気でした。普段はテイスティングランチが50ドル以上する高級店で、ジーンズは不可のお店です。写真が撮りにくいといっても、お店の対応はとても良く、雰囲気は良かったです。観光客が先ず居ない感じなのと、とても大人のレストランという感じでした。
スカンジナビア料理というものを初めて食べたのですが、お店の高級感からは意外なほど素朴なお料理でした。全体的に薄味で、でもアメリカンにはない下味がちゃんと付いていて家庭料理といった感じです。美味しいのですが、女性にはちょっと量が多かったです。
   
ここの価値は内装や椅子、食器などの北欧デザインです。カトラリーなどはデンマーク製食器は、Front of the House というメーカーのものでした。真っ白で飾り気のない機能美溢れるデザインはさすが北欧食器です。そして、何より感動的なのは、ココの椅子! 一見、黒革の事務用椅子に見えるのですが座り心地抜群で、疲れ知らず!さすが北欧家具です。テーブルとの高さも絶妙で家にあったら食事もくつろぐのも全部できそうで、ずっと座っていたい気分でした。
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-02-02 12:00 | NY レストラン&カフェ