<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

折り紙ツリー@自然史博物館

クリスマスシーズンになると、ニューヨークの色々な場所で“名物クリスマスツリー”を観ることができます。代表的なのはもちろん、以前準備風景を投稿した“ロックフェラーセンターのクリスマスツリー”です(点灯後はまた後日投稿します)が、今年はブロガーなので、頑張って色々なニューヨークのクリスマスツリーを投稿したいと思います。
   
第2弾?は、アメリカ自然史博物館(American Museum of Natural History)にある名物折り紙ツリー、その名も “ORIGAMI SAFARI” (折り紙サファリ)です。
f0147518_12542670.jpg
f0147518_12544751.jpg

高さは19フィート(約5.8m)もあり、折り紙オーナメントの数は約500個。
f0147518_12561098.jpg

  
このツリーは“The Origami Holiday Tree”と呼ばれ30年以上の歴史があり、オーナメントの様々な動物や恐竜の折り紙は、折り紙愛好団体 “Origami USA” のメンバーの手によるものだそうです。

ツリーの頂上近くには、折鶴ならぬ、折り翼竜が飛んでいます。
f0147518_12565334.jpg

     
こーんな可愛いコアラの親子もいます。折り紙ですよ、スゴイですね。ツリーの近くに“Origami USA” のボランティアの方が居て、折り紙を教えて下さるようです。
f0147518_12571648.jpg

   
ツリーの下には “ORIGAMI SAFARI” の名前にふさわしく、サファリの風景が広がっています。
f0147518_12573868.jpgf0147518_1257461.jpg
f0147518_1258182.jpgf0147518_12581055.jpg
   
こちらも名物“Holiday Barosaurs”(バロサウルス)です。この博物館の正面玄関ホールにあるのが、このバロサウルスの化石です。次回投稿予定ですが、高さはなんと15メートル。迫力ありました。この Holiday Barosaurs は15メートルもないですが、ちゃんと手にリースを持っていて近くで見ると可愛いです。
f0147518_12584223.jpg


向こうに見えるのはセントラルパークです。もうすっかり冬の景色。
f0147518_1259867.jpg


これは、自然史博物館オリジナルのオーナメント。今年はいろんなオリジナルオーナメントを集めたいと思います。
f0147518_1382772.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-11-30 10:00 | NY クリスマス風景  

チャイナタウン

ダウンタウンにあるチャイナタウンの風景です。地理的にはチャイナタウンのほぼ中央です。観光でよく訪れるのもこの辺りかと思います。
大きく見えている漢字のみの看板を見ているとどこの国か分からなくなります。下にある赤い建物が、世界で一番○○が×いと思ってしまうチャイナタウンのインフォメーションです。
f0147518_5161562.jpg

     
この食料品店は魚介類を販売しています。前を通るとかなりキョーレツですが、いつ前を通っても繁盛していて、アジア系以外の買い物客も多いです。
f0147518_5163516.jpg

     
チャイナタウン以外でもマンハッタンでよく見かける飾り文字のお土産屋さん。
f0147518_5165640.jpg

     
チャイナタウンでは露天で野菜を売るお店も多いです。
f0147518_5171331.jpg

   
本当にアメリカに居るのかと思うほどの看板です。観光客目当てでないお店では、英語が通じないこともあるそうです。
以前、マンハッタンの二階建て観光バスに乗った際に、ガイドさんが「チャイナタウンは、一際人口密度が高く、この中で独立できるほどの経済圏が出来上がっている」と言ってました。確かに、私たちが普段英語を使う機会がないのと同じで、中国語のみで生活している方も多いかもしれないですね。
f0147518_5174671.jpg

   
これは美容院の看板です。“日本”という文字が目に留まりました。日本のストレートパーマの技術を取り入れているお店のようです。
f0147518_518832.jpg

     
一番多いのは、こういう小さいお土産屋さん。とにかく腕時計を売るお店が多いです。あと、髪飾りとか香水、ビーズバッグに財布など、いろいろです。この時期はパシュミナのストールも多く見られます。2枚で9ドル99セントの値札が付いてました。(本物かどうか分かりません。。。)
f0147518_5183997.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-11-28 12:00 | NY 有名観光いろいろ  

Ten Ren Tea の鉄観音

マンハッタンで御用達になったお店第2回は、中国茶のお店“Ten Ren Tea”です。チャイナタウンにある旅行ガイドにも載っている有名なお店ですし、日本にも出店しているのでご存知の方も多いと思います。確か神戸の南京町にもあったはず。看板も神戸と一緒じゃないでしょうか?
f0147518_5123062.jpg

   
2ヶ月に一回くらい鉄観音茶を買いに行っています。鉄観音茶は“Ti Kuan Yin Tea”(てぃくあんいんてぃ)。グリーンリーフとブラックリーフがあり、それぞれに5段階の等級があります。私はブラックの3等級を愛飲しています。3等級と言っても1ポンドで60ドル近くしますので私には十分に高級品。でも、4等級以下は、お店の方も言ってましたが、美味しくないのです。 1ヶ月30ドルのプチ贅沢。
f0147518_5131217.jpg

   
以前、ここで紅茶を買いましたが、どことなく中国茶の風味がしてイマイチでしたが、ウーロン茶はやはり美味しいです。お店の奥に箱に入ったお茶がかなり安く売ってますが量り売りしている茶葉とは、お店の人曰く「品質が違う」のだとか。支払いはクレジットカードも使えますが、購入額が少ないと「現金ある?」と聞かれたりもします。(50ドル以下くらいかな?)お店の対応は、特に愛想がよい訳ではないですが、きちんとしていて感じは悪くないです。


   Ten Ren Tea
   75 Mott Street
   New York,NY
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-11-28 10:00 | 御用達のお店  

お花屋さんのクリスマス@NJ

以前投稿したクリスマスツリー用のもみの木を買いに行った、ニュージャージーにあるお花屋さんのクリスマスデコレーションです。マンハッタンのお花屋さんでもこれだけ大規模に飾っているお店は少ないですよ。なんせニュージャージーですから、お店の広さも違います。
   
先ずは、もみの木のある園芸コーナーの入口から中に入ると、可愛いトナカイたちが赤いリボンでお出迎えです。
f0147518_527346.jpg

     
植木鉢につかまってるサンタさんが可愛い!
f0147518_527218.jpg

       
階段にもリースがたくさん、ポインセチアも並んでます。
f0147518_5291373.jpg

       
クリスマスコーナーに行くと、一際目を引く豪華なツリー 799.99ドル也!
f0147518_5293130.jpg
     
f0147518_5294990.jpg

     
小さくても豪華なツリーです。隣にあるボックス型のデコレーションがとても素敵でした。   
f0147518_5301136.jpg

     
暖炉の上のデコレーションも豪華です。こういうのが似合う家に住んでみたいですね。
f0147518_5303699.jpg

      
最後に3メートルはある一番大きなツリー。吹き抜けのリビングのある家用ですね。
f0147518_531159.jpg

   
我が家のツリーもこれくらいオーナメントがあるといいのですが。。。はぁ。
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-11-26 12:00 | NY クリスマス風景  

生木のもみの木でクリスマス

今日、クリスマスツリー用のもみの木を買いに行きました。生木のツリーはこれで3回目。
この時期、ニュージャージーではあちこちの園芸店でこういう風景が見られます。マンハッタンでも、花屋やデリ前の歩道にもみの木が並びます。
f0147518_55012.jpg

   
サンクスギビングが終わると、一般家庭でもクリスマス用のデコレーションが始まります。生のもみの木でクリスマスツリーを作るのは、こちらでは決して贅沢なことではないのですが(イミテーションのツリーの方が高価です)、日本ではできないことなので毎年楽しみにしています。

右横の金網にかかっているリース用が、巨大!!
f0147518_553261.jpg

これは玄関ドアや窓の外側に飾るリースです。直径70~80cmあります。
f0147518_555494.jpg


ツリーの値段は、このお店の場合は木の長さと種類によります。4ft(約1.2m)で30ドル(約3,500円)くらいから、3メールくらいの木もあります。天然物ですから、形は様々。一応ツリーの形に枝落としされて成型されてますが、手頃な大きさで、中心の幹がまっすぐで形の良いものをゲットするには、やはり早めの購入がオススメです。

お店の人に形の良い木を選んでもらい、下の幹の長さを少し切ってもらっているところです。白い網のかかった赤い筒状の梱包機にもみの木を通すと。。。
f0147518_563590.jpg

     
お持ち帰り用にラッピング?の完了です。
f0147518_565285.jpg


これが我が家のツリーになる木です。約2m、お値段40ドル也。今年は早く行ったので、ツリーらしい良い木が手に入りました。外で見ると大丈夫だと思ったのですが、家に入れると。。。巨大。。。
f0147518_57195.jpg


生木のツリーには立てるための専用台が必要です。園芸店で売っています。10ドルくらいですので、やはり専用台のご購入がオススメです。それから、木を捨てる時用の大きなビニール袋も販売されています。2ドルくらいなので、これもご購入をオススメします。ツリーを立てる前に下に引いておくと、捨てるときに本当に楽だと思います。
この生木、何が大変かと言うと、捨てるときが物凄く大変です。生木なので、持ち帰るときから家に飾っている間も、常に葉が落ちます。特に捨てる頃には枯れかけていますので、ちょっと触るだけでバラバラっと葉が落ちます。そのまま捨てようと持ち運ぶと、歩いた後に“もみの木の葉の絨毯”ができます。後でビニールに入れようなどとすると、恐ろしいくらい家の中が葉だらけになります。
それからお水もやってください。初めて生木でツリーをしたとき“ツリーに水を遣る”という発想が生まれず、購入して2週間ほどで枯れ初め、クリスマスには茶色いツリーになってしまった。。。遠い思い出があります。下の台に一日で無くなるくらいのお水を入れて、無くなったらまた遣るというのがいいようです。
生木のツリーのよいところは、香りです。もみの木は本当に良い香りがします。家に戻ってきて玄関を開けると、フワッともみの木の香りがして、疲れもイライラもスーッと無くなる気がします。天然アロマ効果絶大です!!


   Metropolitan Plant and Flower Exchange
   459 Main St.
   Fort Lee,NJ


   
   
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-11-26 10:00 | 御用達のお店  

デイヴィッド・ブレイン タイムズスクエアで宙吊り

昨日(11月22日)偶然発見した有名マジシャン デイヴィッド・ブレイン(David Blaine)さんのストリート・マジックの現場です。

タイムズスクエア近くの46丁目のブロードウェイと8AVE.の間を通りかかると大きなステージのセットに照明、それに黒山の人だかり。向こうの壁には2006年トニー賞を受賞し、来年5月までチケットが取れない大人気ミュージカル“Jersey Boys”の大きな看板があり、「おお!ひょっとしてJersey Boysが生で歌ってる???」なーんて勝手な想像しながら近づくと。。。
f0147518_4295999.jpg

クレーンに吊るされている人が。。。
f0147518_4302424.jpg

   
アメリカでは11月23日のサンクスギビングが終わると、一年のうちで最大のセール期間が始まります。これは大手スーパー ターゲット(Target)のセールの宣伝。
5月にリンカーンセンター前で5日間水槽脱出マジックを行った(あれ失敗しました?)有名マジシャン デイヴィッド・ブレインさんが、ビルの5階の高さに吊るされてターゲットのセールが始まる24日金曜日の午前6時までの48時間以内に脱出してセールに間に合うかどうか?! というような宣伝の様です。
f0147518_431479.jpg

   
この輪はジャイロスコープになっていて、ずーっとぐるぐる回っています。昨日、今日とニューヨークはお天気が悪く、風雨も強くて、何より寒い!!体感温度は日中でも3~4度くらいです・・・
f0147518_4342063.jpgf0147518_4342911.jpg

横のクレーンには取材の人が乗って取材しているようでした。私がこのブログを書いている今もまだ吊られているのでしょうね。。。
f0147518_432665.jpg

   今度はご成功をお祈りしております。
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-11-22 17:00 | NY 風景 Midtown  

アメリカ自然史博物館

アメリカ自然史博物館(American Museum of Natural History)です。
こちらでの生活が始まって、最初に訪れたニューヨークの観光名所がここでした。それ以来2回目。当時はカメラを持ち歩く習慣もなかったので写真が無かったのですが(美術館などで写真が撮れることを知らなかったのです)、先日、ここのクリスマスの風物詩「折り紙ツリー」を観に行ったときに撮影してきました。

     創設は1869年というアメリカで最も由緒ある自然史博物館です。
f0147518_4351744.jpg

     
これは裏側にあるヘイデン・プラネタリウム。よくニューヨークの風景の写真としてここの夜の景観が使われています。
f0147518_4354024.jpg

     
ホリデーシーズンに以前投稿したバロサウルスが正面玄関でお出迎えしてくれます。
f0147518_4362259.jpg
     
手に持っているのはリース。なんかちょっと間抜けてて可愛い。    
f0147518_4371220.jpg

     
正面玄関ロビーです。この巨大な化石こそ、↑の写真のちょっと間抜けたバロサウルスのモデルになった本物です。高さ15メートル。吹き抜け天井も突き抜けそうな巨大さ。
f0147518_437536.jpg

   
地下鉄は C(青ライン)か B(オレンジレイン)の81St.駅。この駅には色々なモザイクタイルなどがあり、楽しい駅になってます。
f0147518_4382773.jpgf0147518_4383957.jpg

     改札を出るとすぐに入口があります。入口を示すように虫が描かれる懲りよう。
f0147518_439677.jpg

   
自然史博物館はセントラルパークの西側にあります。新緑や紅葉シーズンは、ちょっと上から公園が見えて綺麗です。メトロポリタン美術館とはセントラルパークを挟んでちょうど反対側。ですが…一日で両方見ようなんてことは無茶ですよ~。
f0147518_4394972.jpg

    
中も少しだけ投稿します。。。これはシロナガスクジラの実物大。何度見ても驚きの巨大さです。
f0147518_440975.jpg

     
これはティラノザウルス。恐竜の化石も見所満載です。
f0147518_4402628.jpg

     
日本についても展示があります。
f0147518_4404439.jpg
f0147518_4405725.jpgf0147518_441623.jpg

   
ここは全部観ようとすると、メトロポリタン美術館よりも時間がかかるかもしれません。プラネタリウム関係もいろいろあり、ハリソン・フォードの声よりももっと新しいものもあったりします。ここも基本的には全ての入場料が任意寄付制ですが、別料金のものは入口で先に払いますので、何を見るかをよく検討してからお出かけください。
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-11-21 15:00 | NY 美術館・博物館  

クリスマスツリー建設ラッシュ@NY

アメリカには、ハロウィーンの後にサンクスギビング(11月23日)の連休があり、それが終わると「さあ!クリスマス準備!」という感じのはずが。。。年々、コマーシャリズムの“先取り”風潮に押されて、ハロウィーンの後の「秋」を楽しむ間もなく、街中がクリスマスになって来ました。まだ、ちょっと…そんな気分じゃないのですが。。。

でも、このロックフェラーセンターのツリーは、今から準備を始めないと間に合わないので仕方ないですね(笑)   
f0147518_6482678.jpg

   
昨年はニュージャージーの私の住むバーゲン県の木だったので、伐採風景が地元テレビでヘリ中継されたり、翌日の新聞の一面を飾ったり大騒ぎでした。今年はコネチカット州の木が選ばれたようですね。11月14日にご到着。まるで工事現場…
f0147518_6485360.jpgf0147518_649142.jpg

ツリーのてっぺんにはスワロフスキーのクリスタルの星が飾られます。この☆は、25,000個のクリスタルから作られていて、高さは9.5フィート(約2.8m)あります。先週末に大雨の中、地上でお披露目式があったので、運がよければ地上で見れると思っていたのですが、既にツリーの上でした。
f0147518_6493721.jpg

     
スケートリンクの周りはいつも観光客でいっぱい。。。
f0147518_6495775.jpg
      
f0147518_65032100.jpg

     
センター前の高級デパート“サックス・フィフス”のウィンドウも只今クリスマス準備中です。
f0147518_6505797.jpg

     
こちらは、リンカーンセンターのツリー準備風景です。このツリーも大きいのですが足場を組むほどではないようですね。2台のクレーンで、おじさんが☆を一つずつ飾ってました。なんとものんびりな風景でした。12月に入って、夜にオペラやバレエを観て外に出てくると、このツリーがとても綺麗で、26ドルの最安チケットの常連客の私も、気分はプチセレブ?です。
f0147518_6513222.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-11-16 14:00 | NY 風景 Midtown  

Bouchon Bakery

タイムワーナーセンターの3階にある“ブション・ベーカリー”(Bouchon Bakery)でお茶休憩です。このお店は、同ビル4階にある三ツ星レストラン“Per Se”のシェフ、トーマス・ケラーさんがオープンしたベーカリーだそうです。ちゃんとサーブしてもらえるカフェもありますが、今回は写真のベーカリーコーナーでケーキとオーレを買って、その前にあるイートコーナーで気軽に休憩しました。
f0147518_4124864.jpg

   
アメリカではベーカリーなどに行くと“Eat here? To go?”と聞かれます。持ち帰りは「テイクアウト」ではなく“To go”と言います。私たちは“Eat here.”なのですが、超合理的に紙皿もありません(笑) 友人は左のパンプキンパイ、私は右の桃ケーキ(名前忘れました)を注文。両方ともアメリカには珍しい程よい甘さで奥深い味。美味しかった!美味しかった…けれど、一個7ドル25セント(約850円)は、高い!美味しかった…けれど、日本じゃこの値段でこの味じゃ売れない!でも、やっぱり美味しかった…こっちでは数少ない美味しいケーキなので、きっとまた食べに行きます。お持ち帰りのチョコクロワッサンも美味しかったです。サンドイッチや他のパンも美味しいらしいので、次回の楽しみです。
f0147518_413349.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-11-15 15:00 | NY レストラン&カフェ  

タイムワーナーセンターのクリスマス

セントラルパーク前のタイムワーナーセンター(TIMEWARNER CENTER)入口のクリスマスデコレーションです。
タイムワーナーセンターは、マンハッタンのミッドタウンとアッパーウエストの境目(ちょっと変な説明になりました)、セントラルパークの西南の角にあるコロンバスサークル前にあります。この辺りの再開発の中心ビルとして2004年にオープンした新しいビルですが、地下に複数路線が交差する地下鉄の駅があり、オーガニックフードで有名なスーパーマーケットのホールフーズ(WholeFoods Market)や高級ショッピングセンター、ホテル、ビジネスオフィスまで揃っており、ランドマーク的存在になっています。
f0147518_431239.jpgf0147518_432814.jpg
f0147518_435046.jpg
f0147518_45073.jpgf0147518_45963.jpgf0147518_451647.jpg

f0147518_49810.jpg

センターの中はこんな感じです。高級感溢れる雰囲気。
f0147518_493086.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-11-15 12:00 | NY クリスマス風景