<   2006年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

ミートパッキングエリア

珍しくパートナーからのマンハッタンランチのリクエストがあり、土曜日にミートパッキングエリアに行きました。

f0147518_672387.jpgf0147518_674121.jpg
   
向かったのは Highline というタイ料理のお店。お店のサイトがとてもスタイリッシュ!で、行ってみたいということだったのですが。。。サイトでは土曜日もランチタイムがあるように書いてあるのですが、この週末行ったところお店は閉店状態。めったにないリクエストだけに、ちょっと可哀そうでした。

f0147518_681423.jpg
気を取り直し、Hotel Gansevoort へ。
屋上のプールのあるラウンジが人気スポット。行かれた方も多いのではないでしょうか。
昼過ぎに行ったのですが、お客さんはゼロ。もうプールの季節じゃないですし。「景色だけ見せてください」とお店の方に言うと「もちろん!」と快諾。


ホテルから見下ろすミートパッキングエリアです。土曜日の昼間行くと人通りも少なかったです。やはり夜に行く方がいいかも?こんな古い倉庫街の中に、オシャレなブティックなどが点在してます。
f0147518_694569.jpg

     屋上と言っても屋根もありガラスの仕切りもあるので、冬場もやるのかな?
f0147518_691433.jpg

     低い夜景が綺麗かもしれないですね。
f0147518_685191.jpg


ランチは14丁目と9Aveの角にある Markt へ。チェルシー辺りへは時々行きますが、平日のランチタイムや夕刻にはいつも大混雑しているお店です。
美味しいのかな?と気にはなっていたので、予定が狂ったこの機会に入ってみました。ベルギー系のお店です。メニューはオムレツやパンケーキ、パスタなどの軽食。ベルギーらしくムール貝のメニューもあります。味は、可もなく不可もなく。値段は、オムレツが15ドル前後と場所柄を考えるとこれも可もなく不可もなく。コーヒーはスタバの方がよっぽどましな感じです。この日も、他の店に比べグンを抜いて混んでいたのですが…謎です。他のメニューは美味しいのかな?
  
     車の排ガスも気にならないアメリカ人たち。文化の違いでしょうか?
f0147518_6103718.jpgf0147518_6105535.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-09-30 10:00 | NY 風景 Downtown  

グリニッジ・ビレッジを歩く

マンハッタンには殆ど縁のない生活をしているパートナーのリクエストで、ダウンタウンのグリニッジ・ビレッジ地区を散策しました。

グリニッジ・ビレッジは、ソーホーとチェルシーの間にある5番街より西側の地区をいい古き良きアメリカの街並みとゲイカルチャーで有名なところです。

表通りは小さな商店が並ぶ下町ですが、こういう路地の奥に瀟洒なアパートがあります。なぜでしょう?スーパーの袋を両手に下げて家路を急ぐお姉さんがとてもオシャレに見えるのです.
f0147518_12105857.jpg

   
この辺りには、オフ・ブロードウェイのシアターなどが点在しアートな地区でもあります。
f0147518_12125318.jpgf0147518_1213582.jpg

   
マンハッタンの開発の歴史は、下から上に向かって繰り返されています。この辺りが発展したのは1800年代前半。まだアップタウンの辺りが森だった頃です。最初はお金持ちの住宅街として、後に商人たちが移り住み発展。1800年代後半から1900年代に初頭にかけて、移民の大量流入を嫌ってアップタウンに避難していったお金持ちの邸宅に代わり、現在に残る移民の労働者階級のためのアパートが多く建築されます。

現代になり、マンハッタンの再開発が再び下から進み、ウォール街などで有名なフィナンシャル・ディストリクト一帯に広がる摩天楼が築かれますが、このグリニッジ・ビレッジやソーホー、グラマシー、イーストビレッジ辺りはまだ再開発の手が伸びておらず、マンハッタンの中でも古い建物が残る歴史的な地区となっています。

     こんなレトロな地下鉄の駅の入口も残っています。
f0147518_12132942.jpg

   昔はこの電燈の明かりを頼りに、駅に駆け込む人もいたのでしょうね。
   ホームに向かう階段にはNYらしい絵が描かれていました。     
f0147518_12134433.jpgf0147518_12135355.jpg

     
古い町並みに大きな広告、マンハッタンらしさを感じます。しかし、最近、この大きな広告が街並みを乱しているとの反対運動も起こっていて古い街並みを守ろうとする動きもあるようです。 広告下にある金網には、殉職された消防士のお子さんたちが書いたタイル絵がたくさん掛けられています。  
f0147518_12141544.jpg

      
グリニッジ・ビレッジのもう一つの顔、ゲイさんの街並みです。以前、ケープコッドの投稿のときにも書きましたが、レインボーカラーの旗はゲイさんの目印です。Gay St.なんていう通りもあったりします。ゲイの人権運動の発祥地なので、毎年6月には盛大にパレードも行われます。
f0147518_12144989.jpg

     お花屋さんの前のハロウィーンのディスプレイ。土地柄でしょうか、ちょっとコワイ。
f0147518_1215792.jpg


散策中にちょうど観光案内を受けているツアーと出くわしました。これはたぶんマンハッタンで一番幅の狭い住宅?...と聞こえました。この前でガイドさんが長々と解説されていたので、有名なんでしょうか?
f0147518_12152355.jpg

     古いアパートが続きます。こういう街並みは大切にしていただきたいです。
f0147518_12154144.jpg

      教会の建物ですが、現在は図書館として使われています。
f0147518_1215549.jpg

   
マンハッタンにはたくさんのグリーン・マーケットが立ちます。グリニッジ・ビレッジにも数箇所あるようですね。かぼちゃは近くのスーパーの陳列です。この時期、こういう風景が多く見られます。
f0147518_12161369.jpgf0147518_1216335.jpg
f0147518_1217024.jpg

   
グリニッジ・ビレッジの東端にあるワシントン・スクエア・パークです。この凱旋門が目印。ここもご他聞に漏れず市民の憩いの場所です。この日も公園内で大道芸やジャズの生演奏が行われ、週末のひと時を過ごす人で混雑してました。
f0147518_12171566.jpgf0147518_12172673.jpg
f0147518_12175077.jpg
f0147518_121846.jpgf0147518_12181263.jpg

   
このワシントン・スクエア・パークを過ぎ、東へ向かうととイースト・ビレッジに入ります。本当はイースト・ビレッジも続けて散策予定でしたが、ポツポツと雨が。。。傘も持っておらず、結局急いで駐車場へ引き返し家路に着くことになりました。
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-09-30 10:00 | NY 風景 Downtown  

タイタン・アルム@ニューヨークボタニカルガーデン

ネットのニュースで「世界で一番大きな花が開花」という見出しがあり、記事を見てみると、どこかでみたことのある花の写真が載っているではないですか。オーストラリアの植物園で“タイタン・アルム”という珍しい花が咲いたそうです。日本名では「死体花」というそうで、肉の腐ったような臭いがすることから、世界一臭い花としても有名だそうです。

ニューヨークボタニカルガーデンにある以前投稿した可愛い彫刻のトム・オッターネス(Tom Otterness)さんの彫刻です。これは“タイタン・アルム”の成長過程を表しています。どの彫刻も何かのメッセージを込めて、チラッと風刺も感じられるトムさんの彫刻。この花はスマトラ島に生息しているそうですが、絶滅寸前だそうです。

f0147518_5362976.jpg
f0147518_5364410.jpgf0147518_5365254.jpg
f0147518_5371687.jpgf0147518_5372520.jpg

ユーモアたっぷりのトムさん。看板にも虫たちが留まっています。虫の前にあるコインは、花粉を表現しているそうで、次の世代へ続くことを表現しているというような説明だったと思います。
f0147518_5384065.jpg
       いたずら心も満載のトムさん。「裏にも何かあるはず!」と思って見てみるといました!花の裏にもこんなに可愛い虫がいっぱい。
f0147518_539147.jpg

トムさんの彫刻、残りはバッテリーパークとルーズベルト島なんですが。。。頑張ってまた撮影に行きたいと思います。
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-09-28 12:00 | お花見いろいろ&紅葉狩り  

CHIHURY ガラスの芸術 in NYB

ニューヨークボタニカルガーデン(New York Botanical Garden)でCHIHURY展が開催されています。10月29日まで。
7月から始まっていましたが、今年はとんでもない猛暑と度重なる雷雨で、行く機会をなかなか見つけられず。。。やっと行ってきました。

f0147518_5472696.jpg
f0147518_5474662.jpgボタニカルガーデンの主要な場所に、数多くの展示があります。
大きな作品は目立ちますが、小さい作品は植物の中に溶け込んで遠目に見ると花のように見えたりします。
晴天の昼間か、夜が綺麗だと思います。夜はボタニカルガーデンのサイトによると毎週木曜日に9時までライトアップされているようです。機会があれば夜にもう一度行こうと思います。


f0147518_5484647.jpg
f0147518_549285.jpg

f0147518_553051.jpg
f0147518_5534589.jpgf0147518_554747.jpg

f0147518_556026.jpg
f0147518_5561934.jpg
f0147518_5563016.jpg

     これはアドベンチャーガーデンにあった巨大かぼちゃ!もうハロウィーンの季節。
f0147518_5515415.jpg


Dale Chihuryさんご自身のサイトに、とても綺麗な写真が載ってます。
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-09-27 14:00 | NY 美術館・博物館  

ローズガーデン in NYB 2006

   ニューヨーク・ボタニカルガーデンに行きました。

   ローズガーデンと特別展のChihuly展を観に行ったのですが、先ずはローズガーデンから。
   ここでは年に2回(6月と9月)満開のバラを見ることが出来て、毎回楽しみにしています。
   今回はお天気も良くちょうど満開に当たりました!
   投稿は2回目ですが、 前回の投稿のときはピークを過ぎていたために、遠めには綺麗なの
   ですが、近くではイマイチだったのです。今回は、まるでバラの絨毯を見るような見事さ。
   今まで見た中で一番美しかったので再投稿します。
   行ったのは9月27日水曜日です。金曜日の雨の影響が心配ですが、この週末ならまだ
   ピークを過ぎてますが、楽しめるかも?
   
   では、薔薇、バラ、ばら、をどうぞ!!

f0147518_5393220.jpg
f0147518_5395751.jpg
f0147518_5401883.jpg
f0147518_5403875.jpg
f0147518_5405799.jpg

f0147518_5411933.jpg
f0147518_5413797.jpg
f0147518_5415890.jpgf0147518_5422065.jpg
f0147518_542505.jpg
f0147518_543865.jpg
f0147518_5432593.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-09-27 10:00 | お花見いろいろ&紅葉狩り  

ブライアントパーク

ブライアントパーク(Bryant Park)です。マンハッタンのミッドタウン、42丁目の5番街と6番街の間にあります。

ファッションショーのニューヨーク・コレクションの会場になったり、テレビ局が主催するサマーコンサートの会場になったり、昨年からは冬にスケートリンクもオープンしたりと様々なイベントに利用される有名な公園です。
マンハッタンの中で一番好きで親しみのある公園なので、夏の終わりの普段の風景を残しておくことにしました。

f0147518_454575.jpg

f0147518_4542387.jpg

   
普段はニューヨーカーの憩いの場として親しまれています。私もときどき休憩しようと立ち寄りますが、ランチタイムや季節のいい夕方などは、ベンチが満員なのです。
f0147518_4544730.jpg

   
噴水向こうの広場で様々なイベントがあります。正面の建物は New york Public Library
f0147518_4553036.jpg

   
公園の角にある、マンハッタンで一番高級で綺麗だという公衆トイレ。建設費にお金が掛かっているという意味です。修復工事が終わり、再オープンの直後に一度だけ入ってみました。中にお花が飾ってあり、警備の人も立ってました。たぶん便座が木製でトイレットペーパーが高級だったような。。。
f0147518_4554989.jpg

   
    サンドイッチやコーヒーのブースもあります。便利ですが、味は…うーん。
f0147518_45664.jpg

    ちょっとレトロなメリーゴーランドです。ちゃんと動きます。
f0147518_4571456.jpg

     可愛いお花屋さん。
f0147518_4573255.jpg

   
この日は国連の安保理の期間中だったので、公園前の42丁目が急に封鎖されました。安保理期間中はマンハッタンは要注意です。バスやタクシーより徒歩が確実!
f0147518_457527.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-09-20 12:00 | NY 風景 Midtown  

グランド・セントラル・ターミナル駅

ニューヨークの鉄道のGatewayであるグランド・セントラル・ターミナル(Grand Central Terminal)です。

建設当時は威風堂々の外観を誇っていた駅舎も、今は高層ビルの谷間・・・
f0147518_553768.jpg

鉄道王ヴァンダービルトが1967年に買収したニューヨーク・セントラル鉄道のターミナル駅として1960年代に最初の駅舎が完成。現在の駅舎は、1903年~1913年にかけて増改築された新駅舎で、床は総大理石の鉄道黄金期の面影を感じさせる古典様式の立派な建物。

f0147518_5535839.jpgf0147518_554518.jpg
f0147518_5543669.jpgf0147518_5544393.jpg

中央コンコースのど真ん中にある円形インフォです。以前「このインフォの前」という待ち合わせをして「どこが前やねん?」と一人ツッコミをした覚えがあります。     
f0147518_5552764.jpg

チケット売り場もレトロで立派。窓口上の電光掲示でトラックを確認し、ホームに向かいます。
f0147518_5562142.jpg

1966年に街の再開発の為に、取り壊す計画が発表されましたが、ジャクリーンケネディ大統領夫人らの反対運動で、計画は撤回。その後、18年という歳月をかけて1998年に大改修工事が完了し、中央コンコースの高い天井に2500個の星座が輝く現在の美しい姿に生まれ変わったそうです。中には、多くのレストランやお店もあり、鉄道利用客のみならず、市民の日常生活に多く利用されています。

特に、このマーケットは上質の食材がいろいろ手に入ることで有名。
f0147518_5565898.jpg

駅の前にはカフェも出てます。(夏に撮影)
f0147518_5572099.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-09-20 12:00 | NY 有名観光いろいろ  

NYフィル・オープンリハーサルとMETフリーチケット

リンカーンセンターで行われるNYフィルのオープンリハーサル。

公演によって、朝9時45分からNYフィルのリハーサルを観ることができます。夜に公演がある日の朝のリハーサルなので、本番さながらの完成度の演奏を聴くことができます。
チケットは15ドル。(YO-YO-MAさんのときは確か25ドルでした)事前購入もできますし、当日でも買えます。(YO-YO-MAさんのときは事前購入がおススメ)チケットには座席番号がありますが、自由席です。早いもの勝ち。と言っても通常は空席も多いので焦ることはないように思います。ただ、YO-YO-MAさんのときはほぼ満席になりましたので、人気演者のときは早起きしてお出かけがおススメ。

f0147518_4382892.jpg


今日は、常任指揮者のロリン・マゼールさんの指揮でした。全部で3曲あり、殆ど中断することなく演奏されたので、15ドルで本当に贅沢な朝を過ごすことができました。
f0147518_4385272.jpg

   
朝10時ごろにリンカーンセンターに到着したときに、千人を超える長蛇の列がリンカーンセンターを取り巻いていました。何の行列が気になりながらも、リハーサルが始まっているので会場へ。リハーサルが終わって外を見ると、1時間半も経っているのにまだこの行列!

f0147518_4392262.jpg

   
何の行列か気になったので、一番後ろに並んで前の人に聞いてみると。。。「メットのマダムバタフライのフリーチケットがもらえるのよ!!」
f0147518_4395346.jpg

     
ええ?タダ?メットのオペラが! そんなことしていいの??10日ほど前に買ったのですよ、メトロポリタンオペラ「蝶々夫人」!
f0147518_4401516.jpg

   
でも、「タダ」という言葉に弱い関西人。ちょうど午後からマンハッタンで所用もあることだし、タダなら2回観てもいいぞ!と思って並ぶこと1時間半。。。手にしたのは、ドレスリハーサルのチケット。。。
帰宅してメットのサイトを見てみると。。。今日のスケジュールにちゃんと載ってました。メトロポリタンオペラが初めてリハーサルを公開する、そのチケットを配るという内容でした。

。。。私の周囲で並んでいた人は殆ど全員が「本番」のチケットがタダだと思って並んでいました。。。アメリカ人もエエ加減やん!英語できるクセに!!
お昼ご飯抜きになってしまいましたが、思わぬチケットが手に入ってラッキー!ということにしておきます。




    
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-09-20 09:45 | NY エンタメいろいろ  

ストロベリー・フィールズ

前回投稿のノイエギャラリーでのクリムト展鑑賞の後、カフェが満席だったので仕方なくセントラル・パークを通り抜け別のカフェへ。

f0147518_1319341.jpg

   
途中、ストロベリー・フィールズの看板の前を通ったので、イマジンの碑を撮影しました。これだけを撮りにはなかなか行かないので、ちょうど良かったです。
f0147518_13191965.jpgf0147518_13192832.jpg

     
この碑の前には、ボランティア?で解説してくれる人がよく居るそうです。この日も大勢の人がイマジンの碑を取り囲んでいました。
f0147518_13194324.jpg

     
ビートルズには特に思い入れはないのですが、殆ど観光スポットになっているとはいえ、こうやって思われ続けるジョン・レノンはやはり偉大ですね。
f0147518_1320077.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-09-18 14:00 | NY 風景 Uptown  

ノイエ・ギャラリー

マンハッタンのアッパー・イースト、5番街のにあるノイエ・ギャラリー(Neue Galerie New York)に行きました。
   
美術館の名前からも分かるように、ドイツとオーストリアのアーティストを中心に20世紀初頭の絵画、装飾美術などが展示されています。建物自体もニューヨーク市のランドマークに指定されている由緒ある建築物でクリムトやエゴン・シーレの作品があることで有名です。
入場料は大人15ドル。館内は撮影禁止。
   
f0147518_13154672.jpg

   
当初の計画では、特別展のクリムト展をゆっくり観て、ギャラリーの中にあるカフェでくつろぐはずが、この日はクリムト展の最終日。11時の開館に合わせて到着すると、既に100人を超える長蛇の列。入場する人数も何回かに分けて制限がかかるほどの賑わいでした。もちろん、カフェは満員。次回の楽しみとなってしまいました。
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-09-18 11:00 | NY 美術館・博物館