<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

US OPEN 2006 (観戦記録)

前回の投稿に続き、USオープンについてです。今日は観戦記録。

行ってみて驚いたのは、観客が皆、落ち着きがありません!(笑)とにかく動き回るのです。1セットどころか、2ゲームほど見たら次へ移動。。。ですからゲーム間の休憩中にはザワザワっと民族大移動のようでした。
私たちは、ルイ・アームストロング・スタジアムのDAY TIMEチケット(前から5列目の中央)を115ドルで購入。この日はスタジアムでは3試合でした。グランドコートは入場券でフリー観戦できます。
先ず、会場に到着直後の11時からの第一試合、男子一回戦を観戦。

   もう試合開始なんですよー。観客のみなさーん!どこ行ったのぉー?
f0147518_11261249.jpg


   でも気を取り直し、テレビカメラもスタンバイ完了!
   第一試合、男子一回戦(Vik vs. Safin)開始。右端はボールガールさんです。   
f0147518_1127288.jpg

 
第一セット終了後に、グラウンドコートへ移動。日本の中村藍子選手の試合観戦に行きました。
グラウンドコートは本当に間近で観戦できますね。中村選手の息遣いまで聞こえました。
f0147518_11272488.jpg

中村選手の試合には、多くの日本人が来ていました。報道関係の人も多くて、木陰で「中村選手第一セット取りました!」とトランシーバーで連絡している姿なども。。。
f0147518_11273387.jpg


中村選手のコートの観客席から、ふと下に眼をやると。。。シャラポワです!垣根で仕切られた中に練習用のコートがあり、有名選手が練習してました。地上からも片側がフェンスなので、練習風景を見ることができます。この日は、女子第一シードのMauresmo選手と、あのアガシ選手の練習も観ることができました。
f0147518_11281100.jpg
f0147518_11281928.jpgf0147518_11282958.jpg

中村選手の第一セット奪取を見届け、会場散策へ。会場の風景は前回の投稿でどうぞ。
お昼を食べて、再びルイ・アームストロング・スタジアムの午後1時からの男子一回戦、第15シードのHewitt選手の試合を観戦。(vs.Montaness)

    試合に勝って、インタビューを受けているヒューイット選手です。
f0147518_1129254.jpg

    座席がちょうど通路の横でした。もみくちゃにされて帰るヒューイット選手。
f0147518_11291917.jpg


試合と試合の間の時間は数分でした。続けて女子一回戦、この日のこのスタジアムでの目玉、女子第8シード、Martina Hingis(マルチナ・ヒンギス)選手の登場です。(vs.Peng)

これは、開始前にコインを投げて先攻後攻を決めた直後です。主審が投げたコインを拾ってます。ヒンギス選手はまだ25歳。少しスレンダーになって綺麗でした。小柄な人です。
f0147518_11294143.jpg

ヒンギス選手の試合が始まって、やっと観客席が埋まってきました。今年は天候に恵まれず、チケットが余っているようですね。テレビでも“Ticket still available”のCMがよく流れてます。
f0147518_11301665.jpg


これは、Peng選手が“チャレンジ”を使った画面です。
“チャレンジ”は、テレビでも時々観ることができますが、選手が審判の判定に疑問がある場合に、1セットにつき2回使用することができる、コンピュータ解析でボールのイン・アウトを判定するシステムです。99%以上の確率で当たるそうです。もし、審判の判定と食い違っていれば、“チャレンジ”の判定が採用されます。(日本のプロ野球セリーグの試合にも取り入れてもらいたいですね!!) 
f0147518_11304739.jpg

    スコア画面左の赤丸が“チャレンジ”の残権利数です。
    このスコア画面は、ヒンギス選手のマッチ・ポイント画面です。
f0147518_11312349.jpg

    試合に勝って、テレビカメラにポーズを取るヒンギス選手です。
f0147518_11314568.jpg


子供たちが通路でヒンギス選手にサインを貰おうと待ち構えています。この大きなボールは、ホンモノと同じ材質で出来ています。会場内で40ドルで販売されています。子供たちは、このボールにどれだけ多くの選手のサインを貰うかを競争してるみたい。
f0147518_1132731.jpg

    いよいよ、ヒンギス選手が戻ってきます。子供たちは皆、必死!!
f0147518_11322666.jpg

    でも。。。高すぎて届きません。ボールの下をヒンギス選手は帰っていきました。
    サインを貰うなら、選手のベンチの後ろがいいような気がします。 
f0147518_11342636.jpg

 
何でもそうですが、一度、生で観ておくのはいいことですね。あとはテレビ観戦ですが、見方が今までとちょっと変わりました。
アガシも2回戦をまたまた感動的に突破。次も見逃せません!
それにしても。。。マッケンローはカツラかな??最近そこばかりに目が行きます。来年もぜひ観戦に行きたいです。
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-08-30 12:00 | NY スポーツ観戦  

US OPEN 2006 (USオープン会場風景)

世界4大テニストーナメントの一つ、USオープンに行ってきました。

この会場は今年から「ビリージーン・キング・ナショナルテニスセンター」と改名されました。日本ではキング夫人として、ある年齢層のご同輩にはお馴染みですが、彼女のテニス界への貢献度が認められての命名となったようです。

USオープン本戦初日の命名式はテレビで観ましたが、ジョン・マッケンローとジミー・コナーズがスーツ姿で並んでいる光景に、時の流れを感じてしまいました。同席したクリス・エバートが「貴方たち、今はお互いのこと好きなの?」と質問したときには会場中が大爆笑。(ご同輩なら分かりますよね?このジョーク)この命名式の後に、この大会で引退するアンドレ・アガシの一回戦がありましたが、マッケンローのジョーク飛ばし過ぎと、キング夫人の超ナガーイ挨拶のせいで、試合開始が遅れ、アガシ感動の勝利の瞬間は、夜中の12時30分ごろでした。あの日、アガシに勝てる選手はいなかったのではと思います。もし、アガシに勝ったら世界中を敵にまわしてしまいそうな雰囲気でしたよね。
そんなこんなのテレビ観戦で盛り上がって、いざ会場へ!!投稿その1は、会場風景です。 

f0147518_723165.jpg 
ニュージャージーから車で約30分。
メッツのシェイ・スタジアムの隣。
今大会は天候に恵まれず、前日は多くの試合がキャンセルされました。この日も曇り空でしたが、幸い雨は降らず。
駐車場代は13ドル。駐車場は会場からは離れています。一番遠い場所だと、会場入り口まで徒歩10分以上かかります。早い目にお出かけを。
この地球儀が見えてくると、いよいよ会場です!


    向こうに見えるのがアーサー・アッシュ・スタジアム。
    会場周辺も会場内も花と緑がいっぱいでした。
f0147518_7233265.jpg

ゲート前です。11時前なので人影は少ないですが、これが昼過ぎには当日券を買い求める長蛇の列。チケットは事前購入が良いようです。荷物チェックも非常に厳しく、ヤンキースタジアムよりも厳重でした。並びます。バッグが無ければエクスプレス入口からスッとは入れます。
f0147518_724084.jpg

    会場に入ると、USオープンの歴史に名前を刻んだ選手たちのプレートがお出迎え。
f0147518_7242684.jpg

    優勝選手の名前です。
    スタジアムの名前になっているアーサー・アッシュやキング夫人の名前があります。
f0147518_7243555.jpg

うら若き乙女の頃、大ファンだったんですよ。マッケンロー!今大会のテレビ解説者です。今は可愛いおじ様ですが、ユーモアがあって素敵です! ま、それにしても、あのやんちゃ坊やが解説者ですよ(笑)
f0147518_7245178.jpg

会場は広いです。通路には歴代出場選手の旗があって、会場を盛り上げてます。向こうに見えているのはルイ・アームストロング・スタジアム。その壁面にトーナメント表が大きく貼りだされています。
f0147518_725628.jpg

アーサー・アッシュ・スタジアムの入口です。このときはチケットが無くても、アリーナの外側には入れました。上から会場も見渡せます。
f0147518_7252553.jpg

中の写真を撮るのに入ってしまいました。でも、すぐに「チケットは?」とチェックが入り、これが貴重な一枚です。最上階ではなく、4階からです。コートがあんなに小さいので、試合を観るのはちょっとどうかな?と思いました。
f0147518_725499.jpg

アーサー・アッシュ・スタジアムから見下ろした会場です。各コードでも試合が行われています。これらのグラウンドコートでも人気選手の試合では満員で入れないことがあるようです。また、ゲーム途中での入退場も制限されているので、一度座席に着くと休憩まで入退場はできません。
f0147518_7261315.jpg

グッズ販売も盛んです。これは中央にある一番大きな売店です。各スポンサーのブースもあります。
f0147518_726336.jpg

フードコートも大きいです。売店も種類も多く充実してます。
f0147518_726423.jpg

皆、真剣な顔で立っているのは、スポンサーの一つ POROの企画です。さーて、この中にボールは幾つ? 当たると賞金がもらえます。
f0147518_7265499.jpg

会場は、さすが賞金総額でも入場者数でも世界一を誇る大会でした。観客が楽しめるように雰囲気作りがされていて、スタッフや施設も非常にオーガナイズドされていて気持ち良く過ごせました。来年も楽しみです。

次回投稿は、試合の模様など。
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-08-30 10:00 | NY スポーツ観戦  

ユニオンスクエアカフェ 

本当は、この聖バーソロミュー教会(St.Bartholomew's Church)横にある素敵なカフェCafe St.Bart's でランチの予定だったのですが、午後1時過ぎという時間帯もあり長蛇の列…

f0147518_8475387.jpg

f0147518_848510.jpg


ということで唐突ですが、ユニオンスクエアカフェ(Union Square Cafe)に行きました。
約2年前に行ったときは、お料理がとてもしょっぱくて「場所柄、有名なだけ?」とガッカリ。でも、今日は見直しました! いやーお見事でした。シェフが替わったの?と思うくらい美味しかったのですよ、全てが!!

f0147518_8483395.jpg
特におススメはこのスープ。
水曜日だったので“Wednesday Special”メニューの中にありました。冷たいメロンのスープです。さっぱりしたメロン味、というよりメロンそのもの。アクセントのオリーブオイルに入っている香草とのバランスも絶妙!「お代わり!」と言いたい逸品でした。


左はビーンズとバジルのパスタ、右は3つの玉ねぎのリゾットです。パスタは軽いチーズ風味に濃厚なバジルソース。もちろん、アルデンテ。リゾットは玉ねぎの甘みがグッと凝縮された手の掛かったお味でした。 シェフが替わったのですよ、きっと!
ここは、お料理のサイズが選べるのがいいですね。二つとも小さいサイズです。女性にはこれで十分かと思います。
f0147518_8485868.jpgf0147518_8491190.jpg


デザートはこの日はメニューに2種類のみでした。左のティラミスは、とても美味しかったですが、パスタやリゾットの後にはちょっと濃厚かもしれません。右は、ピスタチオのタルトとバジルのアイスです。タルトは暖かいです。バジルのアイスは…バジル味です(笑)
f0147518_8493015.jpgf0147518_849452.jpg


前回もでしたが、ここはスタッフの皆さんが気持ちがいいですね。秋になったらメニューも替わると思うので、また行きたいと思います。
 
(駐在生活で慣れなければいけないのが、人との出会いとお別れです。日本に帰られて、新しい一歩を踏み出される彼女に、幸多かれ!!)

Union Square Cafe
21 East 16th Street,
(bet Union Square West and 5th Ave.)


Cafe St.Bart's 
Park Ave at 50th Street

 
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-08-23 12:00 | NY レストラン&カフェ  

ニューヨーク・トランジット博物館 と ブルックリン

ブルックリン、DUMBO地区ピザのお店グリマルディズ(Grimaldi's)に引き続き、第3弾は、ニューヨーク・トランジット博物館(New York Transit Museum)とSmith St.界隈です。

f0147518_8585739.jpg この階段、まさに地下鉄の入り口です。
ニューヨーク・トランジット博物館は、1930年代に実際に使用されていた地下鉄の駅をそのまま再利用しています。残念ながら、外観は只今修復中で観ることができませんでしたが、写真の青い看板がなければ、本当に「駅」そのままです。

 
展示内容は、ニューヨーカーの足である地下鉄のを中心にMTAの歴史を紹介しています。 魅力は、とにかくホンモノが展示されていること!!
グッズ販売もあります。帰国土産に良さそうでした。グッズだけなら、グランドセントラル駅構内にもあります。
 
    Court St.駅だったんですね。線路やホームもそのまま残ってます。
f0147518_8592925.jpg


ハダカ電球に本革のつり革。車両も木造で、座席はシュロみたいな天然素材。これは1870年代の車両です。他にも各年代ごとに10台以上の車両が展示されていて車内に入って座席に座ったり、つり革につかまったりして、歴史に実際に触れることができます。
f0147518_8595070.jpg

f0147518_9153617.jpg


    車内の広告も当時そのまま。レトロですね。
    各年代の車内には、当時の地下鉄の案内図も貼られていて、ノスタルジック。
f0147518_9083.jpgf0147518_902039.jpg

f0147518_9154362.jpgf0147518_9155146.jpg

f0147518_9155962.jpgf0147518_916810.jpg

f0147518_9161891.jpgf0147518_9164142.jpg

f0147518_9163490.jpgf0147518_9162739.jpg



博物館の後は、ブルックリンの中心街を散策しました。ビルの間にある公園で、人々がお昼のひと時を過ごしている姿は、マンハッタンと同じ。
f0147518_905810.jpg


Smith St.です。ブルックリンで、今、ホットになりつつある通りみたいです。マンハッタンのダウンタウンの雰囲気と言うと叱られそうですが。。。通りを見渡すとそうでもないのですが、一件ずつお店を覗くと、オシャレなカフェやお店が結構ありました。DUMBOからは、徒歩20分くらいです。
f0147518_911228.jpg

この通りにあるレストラン PANE E VINO でちょっと休憩とても雰囲気のよいお店でした。カフェではなかったのですが、デザートだけ注文した私たちにも、愛想がよくて感じのいいお店でした。
f0147518_9137100.jpgf0147518_915268.jpg


PANE E VINO

174 Smith ST.
Brooklym, NY 11201
(718)501-1010
(サイトは無い?みたいです)
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-08-17 15:00 | NY 美術館・博物館  

NYのNo.1ピザ&アイスココア in ブルックリン

前回の投稿に続き、ブルックリンのDUMBO地区です。
ニューヨークでNO.1と言われているピザ屋さんとチョコレート屋さんがDUMBOにあります。

まずはピザ屋さんの Grimaldi's Pizzeria です。
行列ができることで有名ですが、写真は午前11時30分の開店直後の模様です。平日のこの時間ならすぐに入れました。ただ、12時を過ぎる頃にはやはり外に行列が。。。
f0147518_83579.jpg


内装は至って庶民的。開店直後なのにテーブルにピザくずがあったりはご愛嬌。多くの有名人の来店記念の写真やサインが飾ってありました。お店の人は、本当は愛想のいい皆さんです。ただ、忙しいのでテキパキしてる感じです。
f0147518_842114.jpg


私たちは、16インチのスモールサイズに、トッピングはモツァレラとバジルを注文。他にもいろいろトッピングできます。ここのピザは生地が美味しい!!食べるコツは、早く食べること(笑)。冷めるのが結構早いのです。でも冷めても美味しい。一口目に感動するというよりは、食べるほどに美味しくなって、いくらでも入る感じでした。女性二人でスモールサイズ16インチ(約40センチ)のピザ、楽勝でした。
f0147518_844418.jpgf0147518_85325.jpg


f0147518_852758.jpgピザの後のデザートは、マンハッタンの姉妹店も超有名なチョコレート屋さんの本店Jacques Torres Chocolate へ向かいました。
お目当ては夏限定?フローズン・ホット・チョコレート。「ホットココアのフローズンってどんなかな?」と思っていたのは私だけでしょうか?アイスココアです。とても濃厚です。美味しいです!!
ブルックリンのこのお店は、小さいテーブルが二つあるだけなので、店内で飲む雰囲気ではないと思います。テイクアウトでどうぞ。


お店は、この通りにあります。ピザ屋さんとは徒歩数分の距離です。
前回投稿のブルックリン・ブリッジ・パークは、右のレンガ倉庫の裏側にあります。平日の昼間、人通りはほとんどなかったです。

f0147518_855555.jpg

f0147518_861353.jpg

f0147518_863411.jpgf0147518_865578.jpg


Grimaldi's Pizzeria 
19 Old Fulton St.
under the Brooklyn Bridge

Jacques Torres Chocolate
66 Water Street,
Brooklyn, NY 11201
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-08-17 12:00 | NY レストラン&カフェ  

ダンボ地区  DUMBO in ブルックリン

f0147518_7523696.jpgダンボ… と言っても、左の彼ではなくDown Under the Manhattan Bridge Overpass で“DUMBO
ブルックリンのブルックリン・ブリッジからマンハッタン・ブリッジの袂にかけての地区をそう呼ぶそうです。現在、多くのアーティストがアトリエを構え、ギャラリーも多くNYのホットなアート空間になっています。
 
先ずは、マンハッタンからブルックリンへ
以前、ブルックリン・ブリッジを歩いて渡る記事を投稿しましたが、橋を渡りきり地上に降りて、イースト・リバー方向フルトン・フェリー(Fulton Ferry)に向かって歩くと、その辺りがDUMBOです。今回は、地下鉄Aラインで行きました。歩いて渡るの暑いですから。。。
 
ブルックリン側からのマンハッタンの景色は、距離が近いので迫力があります。ちょうど正面が、サウスフェリー・シーポートの辺りです。

    もう、秋の雲ですね。。。
f0147518_7474945.jpg

    これは、ブルックリン・ブリッジ・パークからの風景。
f0147518_7481273.jpg

    公園沿いにある倉庫。この中にもアートギャラリーがあります。
f0147518_7485043.jpg

    アートがいっぱい。。。
f0147518_7491739.jpgf0147518_7493526.jpg
f0147518_750054.jpgf0147518_7501795.jpg

    絵葉書にもよくある、有名なマンハッタン・ブリッジの風景です。
    もうちょっと、右に寄ればよかった。。。まだまだ修行が足りません。
f0147518_7503874.jpg


治安が悪い雰囲気はなかったです。ただ、平日の昼間でしたが、人通りが非常に少なかったですし、古い倉庫なども多く、視点を変えるととても寂しい地区にもなります。散策は、夏の日中がおススメです。
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-08-17 10:00 | NY 風景 Suburban  

ライオンキング on ブロードウェイ

やっと観に行きました、ブロードウェイミュージカル・ライオンキング
一年待てばディスカウントが出るだろう…もう一年待てば…といつまで待ってもディスカウントにならないこの人気。逆に、未だにネットで倍額以上のダフ屋が出回っております。
ミュージカルも被写体にならないので、ブログには載せていないのですが、今思えば、もう公演終了してしまったものも多く、せめて劇場看板だけでも記念に撮影しておけばよかったと後悔しきりです。
ライオンキングは、入り口から劇場内に入るまでに雰囲気作りが施してあります。その部分は写真撮影できたので、載せることにしました。

f0147518_5502862.jpg


観に行って、衰えない人気の理由が分かりました。非常に完成度が高く、すばらしい!!
まず、劇場がいいですね。ブロードウェイの劇場の多くは古くて、音響もなにもあったもんじゃないのですよ。外を走るパトカーのサイレンが聞こえるなんてザラです。このMINSKOFF THEATRE は音響も照明もとてもいいです。
    MINSKOFF THEATRE。向こうはタイムズスクエアです。
f0147518_5504460.jpg

    入り口を入ったら、大きなライオンがお出迎えです。木製です。
    劇の中でこのライオンが。。。感動的でした! 
f0147518_5513273.jpg

    劇場下のロビーです。窓からタイムズスクエアが見下ろせます。    
f0147518_5515329.jpg

    等身大の衣装やお面も展示されてます。隣の女性、出演者並みの迫力?
f0147518_5522841.jpg
f0147518_553055.jpgf0147518_5531444.jpg

日本で見ていない方、ジャングル大帝を観ていた皆さんも、DVDなどで予習してからどうぞ!映画がそのまま再現されていますので「この場面をどう舞台で再現するのだろう?」と思いながら観ると感動も倍増すると思います。
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-08-12 20:00 | NY エンタメいろいろ  

グッゲンハイム美術館 と セントラルパーク小風景

ソロモン R.グッゲンハイム美術館(Solomon R. Guggenheim Museum)です。

そーなんです。外観が何より肝心なこの美術館、塗り替え中なのです。考えようによっては、コンクリートの打ちっ放し外壁を観るのは、今だけのチャンス。。。と前向きに考えて、2007年の末までかけて修復するそうなので、あの美しい外観が再び現れるのが楽しみですね。

f0147518_61635.jpg


館内は1階のみ撮影可です。館内に入ったら上を見上げるのをお忘れなく。美しい螺旋が続く見事なデザインです。
 
f0147518_612990.jpg

f0147518_614060.jpg

入場料は18ドル。安くはないので、特別展に興味のあるときがいいかもしれません。現在は、世界的に有名な女流建築デザイナー ZAHA HADID の特別展開催中です。彼女は、2012年のロンドンオリンピックのメイン会場のデザインも手がけるそうです。その模型なども展示してありました。
f0147518_615671.jpg


グッゲンハイム美術館は、セントラルパーク横の5番街、MUSEUM MILEにあります。
帰り道、セントラルパークを散歩。少しですが夏の風景です。

    ジャクリーン・ケネディ・オナシス貯水池です。湖のように大きいです。
    水面に青い空が映えて、大都会に居ることを忘れさせてくれる風景。
f0147518_6141431.jpg

 公園内で結婚式を挙げたカップル    OH!MYニューヨークで紹介された一人オペラ
f0147518_624540.jpgf0147518_63542.jpg

     夏にできる遊園地。
f0147518_632444.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-08-12 12:00 | NY 美術館・博物館  

トップ・オブ・ザ・ロック ロックフェラーセンター展望台

ロックフェラーセンター(Rockefeller Center)の最上階にある展望台 トップ・オブ・ザ・ロック(TOP OF THE ROCK)に行きました。
ニューヨーク、マンハッタンの絶景を楽しむなら、エンパイアステイトビルより私はこちらがおススメです。

    エンパイアステイトビルは、やはりニューヨークのシンボルですね。
f0147518_522125.jpg

以前投稿したエンパイアステイトビルからの眺めも絶景ですが、実はトップ・オブ・ザ・ロックの方が評判が良いのです。行ってみてその理由が分かりました。

     その1 エンパイアステイトビルが見える
     その2 セントラルパークに近いのでより大きく見える
     その3 エンパイアより低いので、全ての景色を近くに感じ、
         でも同じくらい遠くまで見渡せる。
     その4 週末に出かけても待ち時間もなく空いている。
         ただし、夜景を見る場合は混むこともあるらしいです。

本当は夜景を見る予定だったのですが、夏は日が暮れるのが遅く、ビジネス街の明かりが少ないのと、空気が冬の方が澄んでいるので、夜景は冬にとっておくことにしました。

    セントラルパークは肉眼では人影が見えるくらい近いです。
f0147518_5222634.jpg

    この日は雲ひとつない青空でした!
f0147518_5224246.jpg

    以前投稿したセントパトリック大聖堂も上から眺めることができます。
    これは8月の正午頃の日差しです。季節や時間帯によっては陰っているかも。
f0147518_5225617.jpg

    地上からエレベーターに乗る前に先ずカメラのご準備を!
    エレベーターの天井からイルミネーションが見えます。
f0147518_5231696.jpg

    展望台の下の階にある、下を見ると建設時の工事現場が見える仕掛けです。
f0147518_5233085.jpg


展望台は3階建てです。見え方はほぼ同じような感じです。どの階もご覧のように空いています。エンパイアは最前列をゲットするのが大変でしたが、ここはゆっくりとマンハッタンの絶景を堪能することができました。

f0147518_524284.jpgf0147518_5241078.jpg
f0147518_5242879.jpgf0147518_5243526.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-08-12 10:00 | NY 有名観光いろいろ  

Tocqueville

マンハッタンには年に2回レストランウイークがあり、普段は敷居の高いお店でもリーズナブルなお値段で楽しむことができますが、最近、年中レストランウィークと 同じプリフィックス(定食)形式でランチやディナーを提供しているお店も増えて来ました。

f0147518_449463.jpg

そういうお店の一つ、ユニオンスクエアー近くの href="http://www.tocquevillerestaurant.com">Tocqueville に行ってきました。ランチは24.07ドル、ディナーは48.00ドルです。
平日のお昼に、予約なしで12時過ぎにお店に行くと一番乗りでした。でも1時前にはほぼ満席になりましたので、時間帯によっては予約された方がいいかも。

f0147518_4491512.jpg

お料理は、プリフィックスランチと前菜の中からモツァレラチーズのアイスのサラダを友人とシェアしました。このモツァレラチーズのアイスクリームの前菜はとても美味しかったです。

f0147518_449255.jpg
f0147518_449343.jpgf0147518_4494155.jpg

プリフィックスは、ガスパッチョと白身魚(Cod)のソテー、友人はラビオリを注文しました。ガスパッチョはクリーム色で出てきました。突出しやメインはおダシ?や生姜が効いていてちょっと和風?の感じがしました。
お店に人に聞いてみると、ここの料理は今流行のフュージョンだそうで、フレンチ・イタリアンにオリエンタルな要素もミックスし、シェフは和食も習ったことがあるそうです。私の食べた魚料理はちょっとポルトガル料理も取り入れているそうな。。。
美味しかったですし、日本人にはどこかホッとする馴染みの味でした。スタッフの皆さんもとても自然で感じが良かったです。

Tocqueville
One East 15th Street
212-647-1515

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-08-10 12:00 | NY レストラン&カフェ