<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ボストンダックツアー&ボストン市内観光

 ニューイングランド旅行最終日のメインイベントは、ボストンダックツアー
第二次大戦で使用した上陸用舟艇を改造し、水陸両用で市内観光できるユニークなツアーです。
私達はプルデンシャルセンターの乗り場を利用しました。予約をしていなかったので、前日にチケットを買いに行ったのですが「明日の朝8時半に並んで頂戴」と言われ朝9時前にチケットを買い、9時半のバスに乗車。日曜日なので、渋滞もなくスムーズな観光ができました。
私たちの乗ったバスの運転手さんは軍服を来て登場しました。日本人としてはちょっと捕虜の気分?ツアーグッズのアヒルの笛は乗り場で購入。でも残念ながら、一度も鳴きませんでした。運転手さんによるみたいですね。
f0147518_1233542.jpgf0147518_1235515.jpg
f0147518_12345028.jpg

f0147518_1321482.jpg

 もう一つの乗り場、科学博物館前で待機中の色とりどりのダックバス。
f0147518_12455394.jpg

ボストンにはフリーダムトレイルという道があります。出発は観光案内所(Boston Common Visitor Center)
ここから赤いラインのフリーダムトレイルを辿って行くと、歩いて観光ポイントを巡ることができる。。。はずが、私達は途中でこの赤いラインを見失い、道に迷ったのでありました!
f0147518_12472716.jpg

f0147518_1312124.jpg

 
 ボストンには、何故か牛がたくさんいます。いたるところに、カラフルなデザインの牛たちがいっぱい。
f0147518_124908.jpg
f0147518_12492024.jpg
f0147518_12492916.jpg
 これは、クインシーマーケットの前にある レッドソックス牛!
f0147518_12495035.jpg

ボストンシンフォニーホール
f0147518_131476.jpg

議事堂やホールも立派です。
f0147518_1313895.jpg
f0147518_132077.jpg

池に浮かんでいるのオレンジは、ダックバス?
f0147518_1322412.jpg

これ、何か有名な人が書いた壁の絵です。ガラスで保存されています。
f0147518_1323449.jpg

ボストンはダンキンドーナツの本場。お店の数は半端じゃないです。
このお店、OSAKA SUSHIって。。。
f0147518_13111876.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-06-18 12:00 | 旅行 ボストン・ケープコッド  

ボストンでクラムチャウダー!

ニューイングランド地方最後の訪問先はボストン。

ニューイングランド地方を旅行する大きな楽しみの一つは、シーフード!!その中でもクラムチャウダーは、郷土色溢れる味を堪能できます。
今回の旅行で一番美味しかったクラムチャウダーは、ボストンで食べたニューイングランド・クラムチャウダー。

先ず一件目は、リーガルシーフード。チェーン店ですが、今回はプルデンシャルセンターのモールにあるお店で旅行の最終日ということもあり、ちょっと贅沢なディナーとなりました。

クラムチャウダーもロブスターも、しっかりと素材の味が生きていて、コクがあり、余計な味ツケをしていない、お値段に見合った高級感あるお料理でした。付け合せのお野菜やパンもとても美味しかったです。f0147518_11213753.jpg
f0147518_11212362.jpg

もう一箇所は、ランチにぴったりのファーストフード。ボストンで一番にぎやかなクインシーマーケットにあるボストンチャウダ
f0147518_11332100.jpg

f0147518_11332898.jpgf0147518_11333727.jpg






とても有名なお店だそうですが、食べてみて有名な理由が分かるほどに美味しかったです。
ロブスターロールとクラムチャウダーを食べましたがこんなファースト・フードがあるボストンの人が羨ましい!
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-06-18 10:00 | 旅行 ボストン・ケープコッド  

ホエールウォッチング!

 潮をふく鯨!こんなに近くで感動です!
f0147518_1152113.jpg


ニューイングランド旅行のハイライト、ホエールウォッチングに行きました。
ボストンや他のケープコッドの町からも行けますが、マサチューセッツ州でホエールウォッチングが一番盛んなのがプロビンスタウンです。シーズンは4月~10月で、夏であれば99%見ることができるそうです。

ツアー時間は4時間くらい。出港して1時間くらいで鯨の餌場になっているエリアに到着し、その後2時間くらい鯨を求めて移動を続けました。一つの群れが餌を食べ終えて姿が見えなくなると、また次の群れを求めて移動するので、今回は3箇所で十数頭も見ることができました。

ツアー料金は30ドルくらい。プロビンスタウンには、いくつか会社がありますが、料金は一律のようでした。ただ、ネットなどで購入したり、早くに予約すると多少の割引があり、また、宿泊したホテルで割引券(3ドル)をもらいました。大手は Dolphin Fleet(ドルフィン・フリート)と Portuguess Princessです。今回は、ドルフィン・フリートで行きました。この日は快晴で、陸地では30度くらいの最高気温の日でしたが、ホエールウォッチング・エリアの海上は、気温10度くらいでした。真夏でも厚手の上着・トレーナーなどが必要です。

   予約をしていなかったので、朝いち(9時30分出港)で乗り場へ。
f0147518_1184393.jpg

     まるで絵葉書のようなプロビンスタウンの景色を眺めながら・・・
f0147518_774076.jpg

     ケープコッドは灯台でも有名です。これは、プロビンスタウンのRace Point の灯台。
f0147518_774895.jpg

    これで、自分の位置が分かります。いよいよ、近づいてきました!
f0147518_1194648.jpg

「2時の方向に発見!」というガイドさんの第一声とともに、全員が右の甲板にドドッーと移動。最初はこんなに遠くても。。。
f0147518_11102174.jpg

だんだん近づいて、白いひれが見えました。尾っぽを海上にキックするのは、とても稀なことだそうです。
f0147518_11103914.jpg

   エメラルド色に見えるのは、腹側とか、ヒレの裏側です。
f0147518_11115319.jpg
  
この日見たのは、ヒレナガゴンドウクジラ(Long-finned Pilot Whale)でした。親子の姿もあって、本当に感動的でした。まるで、くじらが船を取り囲んでいるかのような場面もあり、後半は、ガイドさんが「11時、3時、5時の方向よ!」と叫んで、乗客たちが甲板の上で右往左往!
  
最後の群れの一頭が、別れ際に船に頭を向けて挨拶して立ち去ったようにも見えて、思わず「バイバイ!」と手を振っていました。 鯨は、船が見に来ているのをよく知っているそうです。
  
大自然に感動!生き物バンザイ!!
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-06-17 12:00 | 旅行 ボストン・ケープコッド  

プロビンスタウン

ニューイングランド旅行の2日目はマサチューセッツ州プロビンスタウン
f0147518_6483268.jpg

ケープコッドの先端にあり、メイフラワー号がプリマスより前に、一番最初に上陸したというとても歴史的な町です。
1900年代は捕鯨基地として栄え、今ではホエールウォッチングが盛んです。(ホエールウォチングは次回投稿予定)とても小さな町なので、繁華街だけなら歩いて十分散策できます。

ハーバーの向こうに見えるタワーは ピルグリム・メモリアル・モニュメント頂上に展望台があり、ケープコッドの絶景が見れるそうです。エレベーターはなく、116段のスロープを歩く元気のある方はぜひ!


現在でも漁業が盛んで、シーフードが美味しい観光地でもあります。クラムチャウダーやロブスターが有名です。レストランは数多くありますが、町の絵葉書にもなっているロブスター・ポット(Lobster Pot)は、とても美味しかったです。
予約をしていなかったので、夜8時30分ごろ行っても20分ほど待ちました。大人気のお店なので、予約した方がいいかもしれません。  
f0147518_10195799.jpg


クラムチャウダー                  ロブスターはバター風味で
美味しいですが、ちょっと塩効きすぎ?        結構濃厚なお味でした。
f0147518_10203461.jpgf0147518_10204275.jpg

また、ゲイが多く住む町としても有名で、本当に同棲のカップルがたくさん歩いていて、ちょっとソレ系のアブナイお店もあって面白いです。街並みは、古き良き漁村といった雰囲気でした。

 ゲイの目印レインボーの旗が…       オシャレなレストラン
f0147518_10214076.jpgf0147518_10214854.jpg


 ちょっと外れると静かな住宅街           唯一の繁華街コマーシャル・ストリート
f0147518_10405366.jpgf0147518_10433048.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-06-17 10:00 | 旅行 ボストン・ケープコッド  

ケープコッドの夕日

ケープコッドの水平線に沈む夕日。こんなに美しい夕日は見たことがありませんでした。
f0147518_8182684.jpg

ニューイングランド旅行第一日目(6月16日)
ロードアイランド州ニューポートを出発し、さらに車で3時間、アメリカ人憧れのリゾート地ケープコッドに到着。
ケープコッドは、マサチューセッツ州にあり、大西洋に向かってひじを曲げたような形をしている半島です。ケープコッド湾を望むその美しい景観は、国定公園に指定されていて人間が開発していない自然のままの海岸線を見ることができます。

第一日目の宿泊は、ケープコッドの最先端にあるプロビンスタウン。 町の散策は翌日にして、夕暮れの海岸線をドライブ。偶然、サンセット・スポットに出くわし、こんなに美しい夕日を見ることができました。場所は Race Point の海岸です。

 並んでいる車が見ているのは。。。        この夕日!
f0147518_819081.jpgf0147518_8171145.jpg

 幻想的。。。
f0147518_8184296.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-06-16 20:00 | 旅行 ボストン・ケープコッド  

ニューポート~ニューイングランド旅行 第一日目

2006年6月16日~18日の3日間、ニューイングランド&ボストン旅行に出かけました。
最初の目的地は、ニューヨーク近郊のリゾート地ロードアイランド州ニューポート
f0147518_7421125.jpg

f0147518_7434280.jpg  到着がちょうどランチの時間。
 お目当てはもちろんクラムチャウダー!!
 ニューイングランド・クラムチャウダーは
 各地域ごとに違った味が楽しめ、
 滞在地ごとに食べ比べるのが
 ニューイングランド旅行の楽しみの一つです。
地元でも人気のハーバーフロントにあるブラック・パール 。 オリジナル・クラムチャウダーが有名です。とろみが少ないあっさりタイプ。一口食べて「Wow!美味しい~♪」
青空の下で食べる外のパティオがおススメです。
f0147518_7451776.jpg

f0147518_7462489.jpg

f0147518_7484148.jpgランチの後にハーバーを散策。ニューポートには立派なヨットハーバーがあります。
水上タクシーを発見! あのヨットレースの最高峰アメリカズカップの開催地でもあったので、通りの名前にその名残がありました。
行きませんでしたが、アメリカズカップゆかりのヨット博物館もあります。






f0147518_7481325.jpg


 
ニューポートの観光人気スポットはニューポートマンションズ
19世紀後半から20世紀初頭に、ニューヨークの大富豪たちがこぞって、夏の数週間を過ごすためだけの大きな別荘を建て、現在、その豪華絢爛な別荘の多くは観光スポットになっています。車で回るか、バス(路線#67)でも行くことができます。  
訪れたのは、一番大きく有名なブレーカーズ(Breakers)。あの鉄道王ヴァンダービルドの孫が、夏にたった2週間過ごすためだけに建てた、70以上の部屋がある別荘です。
CNNの記者アンダーソン・クーパーさんはこのブレーカーズの最後の持ち主のお孫さんだそうです。お坊っちゃまだったんですね。マンション内は内部撮影禁止です。
f0147518_843325.jpg
 
マンション見学の後は、ケープコッドのプロビンスタウンへ向かって出発!
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-06-16 09:00 | 旅行 ボストン・ケープコッド