カテゴリ:ちょっとした暮らしの風景( 11 )

 

並びました約4時間! I'm NOT A Plastic Bag!!

過去を振り返って記事を投稿しているといろんなことを思い出しますが。。。

今頃、世界中でタンスの肥やしになっているのだろうなぁ。。。

2007年、世界中で、一大旋風を巻き起こしたエコバッグ

その名は

I'm NOT A Plastic Bag!!  

並びました!マンハッタンのアッパーイーストのアニア・ハインドマーチのお店に。
確か10時販売開始で、お店に到着したのが8時45分ごろ。

ちょっとだけ出遅れたかと思いきや、既に1000人を超える行列ができておりました。

この日は朝から雨が降ったりやんだり。途中から晴れはしたものの、バッグを手にしたのは午後1時を過ぎていたと思います。

この日はカメラを忘れていったので、後日お店の前を通ったときに、まだウィンドウに飾ってあったので写真に撮りました。

並んでいたのは、日本人や韓国人も多かったのですが、圧倒的に白人女性が多かったです。
世界中、どこの国の女性も同じなのだということが体感でき、社会勉強になりました。

f0147518_15242383.jpgそれにしてもこのバッグ。
日本での発売直後に一回だけ使っている人をみたことがありますが、その後どうなったのでしょうねぇ?
エコバッグがこれだけ世の中に定着してきたのに、使っている人を見たことがありません。

という私も使っていませんが。。。
20年くらいしたら使おうかしら(笑)

f0147518_15243375.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2007-06-20 08:45 | ちょっとした暮らしの風景  

祝!卒業

ニューヨーク・ボタニカルガーデンのフローラルデザインコースを卒業しました!

アメリカ滞在の中で、一番頑張ったことでした。
ニュージャージーからブロンクスの植物園まで何度も車で通い、約一年かけて無事に卒業できました。
特に、120時間のインターンでは、NYの花屋さんで実際に仕事をし、アメリカ生活の中で一番勇気ある行動でした。特に、マンハッタンの花屋「スコッツ」に初めてインターンをお願いに行った日の突き抜けるような緊張は、昨日のことのように覚えています。
自分のアレンジが実際に店頭に並び、次にお店に行ったときに「アレンジ全部売れたよ!」といわれたときのあの感動は一生忘れません。
ボタニカルガーデンを無事に卒業できたことは、人生の大きな自信になりました。
アメリカ生活で何かを成し遂げた達成感ができました。
胸を張って「卒業したよ!」と言えます!!

学校の先生、クラスメート、インターン先の皆さん、本当にありがとうございました!
そして、会社の野球大会をキャンセルして卒様式に来てくれたパートナー君、ありがとう!!
卒業できたのは、君のオカゲ。感謝、感謝!!
f0147518_10203398.jpg
f0147518_1085687.jpg
f0147518_109395.jpg
f0147518_1091293.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2007-06-10 10:00 | ちょっとした暮らしの風景  

ちょこっと、DO THE (RED) THING

f0147518_4491264.jpg

   
旅行用のTシャツを買いにGapに行ったときに見つけて買いました。U2のBonoさん等が立ち上げたアフリカのHIV撲滅のためのプロジェクトです。世界中で多くの企業が賛同しています。詳しくはGapのサイトに出ています。
このピンは1ドル。Tシャツなどもありますが、本当に真っ赤で、ちょっと…塵も積もれば…と言いますが、塵のひとかけらにもならない1ドルだけど、ちょこっと DO THE (RED) THING!
   
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-05-15 12:00 | ちょっとした暮らしの風景  

アメリカ生まれのぜんまい

こちらに来てから、スーパーの野菜売り場でこれを見つけると「春ねえ」と思うようになりました。やっぱり季節感ありますよね。ああ、日本人。。。店頭に並んでいる期間も短いので、見つけたときに買って、年に一度、食卓に乗せることにしてます。(←値段が高い!)
その名は、ぜんまい。英語では“Fiddlehead Fern”。
f0147518_143372.jpg

   
日本では、生で売られるような地区に住んだことがないので、生からの調理はこちらで初めてやりました。湯がくとものすごく灰汁が出て、茹で汁もこの色です。こちらは胡麻よごし。
f0147518_144092.jpgf0147518_1441432.jpg

こちらは、灰汁抜きの後、他の具と煮て炊き込みご飯に。
f0147518_1444312.jpgf0147518_14537.jpg

商品名に“Organic”って付いてたけれど、これって、山に自生してるのを摘んで来てるだけではないのかなぁ?
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-04-27 19:00 | ちょっとした暮らしの風景  

冠婚葬祭兼用?ハート

f0147518_192385.jpg可愛いハートのアレンジですが。。。
名前はブラッディー・ハート。葬儀用です。バラを「ハートから血が流れているように」入れるのがコツだとか。赤いバラで作るのが、よりそれらしく見えて良いとのことでした。
外国の文化をはっきりと感じることができる行事のひとつが、お葬式だと思います。結婚式は、ウェディングドレスに教会式と日本でも西洋化が進んでいますよね。でも、お葬式は各国や民俗の違いをよく表しています。アメリカの葬儀は“花葬”と言ってもいいくらい、お花をたくさん飾るようです。

しかも、白や黄色の菊ではなく、真っ赤なバラやチューリップなど、なんでもOKです。このハートは棺の近くに飾られたりします。もっと華やかな花を使ってもOKです。他に十字架や聖書の形でもよいですし、故人の趣味に合わせて、野球のグローブやサッカーボール、絵筆とパレットなど、なんでもお花で作るそうです。日本の葬儀の際に花輪を送ることがありますが、それと同様に、葬儀に行けないときには、花屋に注文して葬儀場へデリバリーしてもらうこともあり、日本と同様の慣習があります。

このハートアレンジは「もちろん、結婚式で使ってもいいのよー」とのことでした。ま、その場合は、ブラッディじゃない方がいいと思いますが…


   

      
 
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-04-15 10:00 | ちょっとした暮らしの風景  

頑張ったご褒美? インターン終了!

f0147518_0531161.jpgさて、この写真が何かは後で書くとして…
アメリカ生活で一番頑張ったことが、この日終了しました。昔流行った「自分で自分を褒めてあげたい日」でした。一年間通った学校の修了証を貰う為の最難関の課題が、120時間のインターンシップ。とかく日本人社会で暮らしてしまいがちな中で、文字通り「アメリカ社会へ飛び込む」こととなりました。


行き先は学校の斡旋があるわけでもなく、自分で行き先を決め道場破りのように「タノモー!」と門を叩くのです。しかも、英語で、アメリカ人に向かって。そして、英語とスペイン語?が飛びかう中で、120時間お仕事をさせて貰うわけです。もちろん、日本人は自分ひとり。。。

最初にインターンに行ったのはマンハッタンのお店。そのお店で先にインターンを終了していた友人から話を聞いてはいたものの、お願いに行くときの緊張感はきっと一生忘れないと思います。2度ほど下見に行き、「今日はお願いするぞ!」と心に決めて行ったのですがその日はあまりの緊張にお店の中をクルッと一周して出てきてしまいました。帰りの地下鉄の中で、自分の不甲斐無さに地の底まで落ち込んだのを覚えています。次の日「今日こそ実行せねば、いつまでたったも先へ進めない!」と頑張りました。お願いするときに何を言ったのかは覚えていません。でも、気が付くとサブマネージャーさんと握手をして「じゃあ、来週からね。よろしく」とご挨拶をしておりました。
昨年秋~クリスマスにかけて60時間を終了。とても素敵なお店で、スタッフの皆さんも本当に親切でした。私のほとんど通じない英語にも耳を傾けてくださり、よく話かけてくれて、皆さんと仲良く過ごすことができました。仕事内容は、後日、デザイナーさんから「初日はひどかったなあ」と言われるほどボロボロだったのですが、2日目からは、作った作品に値札を付けてもらえるようになり、インターン後半には「先週の全部売れたよ」と言われるようになりました。最後には「ここのお店のスタイルをよく身に付けたね」とお褒めのお言葉をいただき、感動のあまり目頭が熱くなったり。。。
f0147518_0552555.jpgf0147518_055342.jpg
このお店の最終日には「本当にありがとう!君には本当に感謝しているよ。」という言葉と共に、こんなに素敵な大きなブーケをいただきました!「ええ?」お礼を言うのは私の方なのに・・・このブーケは私の人生の宝物になりました。先日、ご挨拶に伺ったときに、ブーケを作ってくださったサブマネージャーさんと一緒に写真も撮ってもらいました。アメリカで少しでも自分を認めてくれた人が居ることも自分の宝物にします。

そして、一件目の成功で余裕のできた私は、より多くの経験を求めて、別のお店で残りの60時間、インターンすることにしました。今度は、ニューヨーク郊外のウェストチェスターにあるお店。ここは、通常のお店とは別の形式で、ネットや電話でカタログからの注文を受け、それを配達するお店です。一日に150~200個の注文があるそうで、とても忙しいお店でした。体育館のような広さの作業場で、ものすごい数の作品を毎日作っていきます。ここも皆さん本当に親切で良い方ばかりでした。ここは最初の2日は下働きに徹しましたが、3日目に急に私のボス?が材料を持ってきて「10分で作って。できる?」と突然のチャンス到来。「ええ?10分で!?」そんな無茶な~と思いましたが、このチャンスを逃すと、次がいつか分からないので“Sure!”と大口と叩いてしまいました。なんとかできると、本当に10分後にボス?が取りに来て“Good”の一言。あっという間に梱包されて配達カードが付けられ、出荷されていきました。その後「同じものをあと5つね」という感じになり、「ああチャンスはこうやって得るのだなあ」と改めて思った次第です。ここでも最終日には、ボス?からお褒めの言葉をいただき、インターンの成績も全ての項目で“Excellent"の評価をいただき、「続けて勉強したいなら、いつでもおいで」と嬉しい言葉をいただきました。

そんなこんなで頑張った2007年4月13日の金曜日、インターンの最終日。。。お店の前のパーキングメーターに駐車している私の車のワイパーに、黄色い封筒が挟んであるではないですか。「あ、あれは、まさか…」そう、駐禁チケットだったのです。いつも、お店の前に「配達用車両」の張り紙をして駐車し、パトロールが来るとお店の人が「早くクウォーターを入れてらっしゃい」と知らせてくれるのですが、この日は運悪く…インターンが終わって感動もひとしおに「よくやった!」とお店を出てきた私の目にこの黄色い封筒が、とても鮮やかに見えました。

えっと。。。駐禁は2回目。NJのときは、インターネットでクレジットカードで支払うことができ、支払うと「Thank you!」と画面に出てくる優れた?システムだったのですが、ウェストチェスターはチェックを郵送するオーソドックスな仕組みでした。ただ、「配達用」の張り紙のオカゲで、半額くらいのディスカウントになっておりました。

私のインターンの最終日は、“I got wonderful experience and a TICKET !!”
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-04-13 16:00 | ちょっとした暮らしの風景  

手作りシュークリーム

3月のNY地方はまだ真冬。寒くてお出かけできない週末に初めてシュークリームを手作りしてみました。シューが膨らんだ~!めったにお菓子の手作りなどしない私には感動ものでした。
NYやNJでもビアード・パパのシュークリームを食べることができます。地元民にもなかなかの人気です。

f0147518_2335150.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2007-03-10 14:00 | ちょっとした暮らしの風景  

雲の芸術@アメリカの大空

最近、空を撮影するのが好きになってきました。夕日とか、雲とか、美しいですね。雲の写真ばかり撮影しているプロのカメラマンさんがいらっしゃいますが、気持ちが分かるような気がします。まだ、一瞬のチャンスを待って半日張り込むなんてことはやってませんが、大自然の一瞬の美しさを撮影できたらきっと感動するのでしょうね。ああ、もっといいカメラが欲しい。。。っと、その前に腕が必要です。

↓が雲に興味を持つキッカケになった写真。思わず車から降りて写真を撮りました。
f0147518_9454592.jpg

   
どうしてこういう雲が出来るのかは只今勉強中ですが、雲についてちょっと調べてみました。雲は国際的に「10種雲形」という10種類に分類されているそうです。↑の帯状の雲は巻積雲(けんせきうん)かな?それとも高積雲(こうせきうん)かな?えっと。。。「地上から30度以上に浮かぶ雲片が腕を伸ばして小指の幅より小さければ巻積雲という。」らしいので、これは真上の空にあったから巻積雲だ!綺麗に2本の帯状になってますよね。巻積雲というのは、空の一番高い上層にできる雲の一種で色々な綺麗な模様を描くらしい。ふーん。飛行機が居る辺りの薄く広がった雲は巻雲(けんうん)。すじ雲。お天気が悪くなる兆候になることもある。ふーん。
f0147518_9463167.jpg

   
飛行機雲は、ジェットエンジンの排気ガスに含まれる水分によるものと、翼部分の低圧に起因するもの。。。う、科学の時間だ。。。いつでもできるのではなく、あらゆる条件が重なってできるので、こういう空を見ると「おお!」と思うのです。

↓は車の中から撮影しました。ニューヨークとニュージャージー上空は航空機ラッシュの空なので飛行機雲が発生し易い気象条件の日には、こういう現象が起こるのでしょうか?
f0147518_94712.jpg

  
↓は、ちょっと低いし、分厚いので中層にできる高積雲かな。いやー薄くも見えるので巻積雲かあ?巻積雲なら「うろこ雲」かな。高積雲ならそう呼ばないみたい。なんだか、街灯が雲に浮かぶUFOみたいと思ってます。
f0147518_9472239.jpg

     
①雲に隠れた太陽から生まれた龍が。。。
f0147518_9474428.jpg

②雲の間を突っ切るように。。。
f0147518_948173.jpg

③大空を駆けていく。。。右の方が龍の頭に見えたりして。。。あ、完全に雲にハマッテル(苦笑)
f0147518_9482343.jpg

↓は向こうから読んでくださいね。“...She choose・・・”愛のメッセージかな?ロマンチックですよね。彼女は何(誰)を選んだんでしょう?時間がなくて最後まで見届けられなくて残念。こういう文字を書いたり、アクロバット飛行で見せている雲は、油を使って作っているので飛行機雲ではない。。。ふーん。
f0147518_949691.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2007-01-07 10:00 | ちょっとした暮らしの風景  

木にとまる近所のリス

あけましておめでとうございます! 2007年、亥年が開けましたね。平成も、もう19年なんですね。。。早いなあ。
新年最初の投稿は、久しぶりのご近所シリーズ第2弾「木にとまる近所のリス」にしました。
f0147518_502973.jpg

   
今年は昨年以上に暖冬傾向です。以前は12月末には雪も何回か降り、リスたちも冬眠を始めていたのですが、今年は1月に入っても元気に外でモリモリ食べています。
f0147518_51772.jpg

   
今回の写真は、近所をほんの15分ほど歩く間に撮影したんですよ。歩いていると「あ、ここにも、あそこにも」という感じで、人の数より多く見かけます。もちろん、地面にはもっとたくさん居たのですよ。
f0147518_52237.jpg

   
「カメラ目線・・・」の春頃は、生まれたばかりで警戒心もなく、足元まで近づいて来てくれたのに、今ではすっかり大きくなって・・・
f0147518_53030.jpg

   
リスの顔って、正面から見上げたことがなかったんですが、あ、あまり可愛くない!亥年にふさわしく、ちょっと猪、入ってます???「本年もどうぞよろしく!」と言ってます。(笑)
f0147518_533032.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2007-01-01 12:00 | ちょっとした暮らしの風景  

独立記念日の花火大会

7月4日アメリカ合衆国の独立記念日と言えば、花火大会が有名ですね。
日本のテレビでも、マンハッタンで行われるメイシーズの花火大会はテレビのニュースでも取り上げられるほど、盛大なんですが。。。

なんせ、交通規制にスゴイ人で、ニュージャージーに暮らす私たちには当日観に行くのは、なかなか簡単ではありません。。。。というわけで、今年も地元の花火大会に行きました。

f0147518_13375016.jpg
f0147518_13375786.jpgf0147518_1338459.jpg
f0147518_13381155.jpgf0147518_13381862.jpg
f0147518_13382615.jpgf0147518_1338334.jpg
f0147518_13383999.jpg
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-07-04 20:00 | ちょっとした暮らしの風景