カテゴリ:旅行 ベガス・キャニオン( 7 )

 

ラスベガスの夜景とホテルブランチ

f0147518_10515810.jpg午後2時にグランドキャニオンを後にして長いラスベガスへの帰り道、こんな夕日が。。。
車中なので写真撮影はできませんでしたが、ラスベガスへの帰り道、見逃してならない景色があります。
それは、もうすぐラスベガスという頃に見える、真っ暗な砂漠の中に突然浮かび上がってくるラスベガスの街の灯りです。それはもう。。。美しいのです。街の全景がイルミネーションのようにキラキラと見えます。見えている時間は短いので、眠いのを我慢して、バッチリ目に焼き付けておきました!

f0147518_1052166.jpg午後10時30分、予定通りラスベガスに到着後、再度ホテル・モンテカルロにチェックイン。
さすがラスベガス!眠らない街なのです。
通りはまだまだ賑やかで、賑わっていました。そういえば、初日に観たシルクドソレイユも午後10時30分開演でした。
ラスベガスの夜は長い。。。


ということで、ラスベガスの夜景を見に、ホテルパリスのエッフェル塔に昇りに行きました!
f0147518_1052875.jpg

↓は、ホテル内のエッフェル塔の脚です。周りはカジノ。満員です。
もう11時過ぎだというのに、エッフェル塔は長蛇の列。待ち時間が1時間ほどありました。
でも、ラスベガスの夜景を見るため!大したことはありませーん!
f0147518_10521494.jpg

実際は、もっともっと美しかったです。私のデジカメではこれが精一杯。
昼間見ていたグランドキャニオンの大自然とは間逆な、人間の作り出した美しさです。
f0147518_10522291.jpg

ちょうどホテルベラージオの噴水ショーの時間に昇れて、超ラッキー!!
f0147518_10522841.jpg

この後、夜のラスベガス散策を楽しみました~。
f0147518_10523569.jpg


一夜明けて、ラスベガス最後の日。昼のラスベガス散策です。
f0147518_10524289.jpg
f0147518_10524885.jpg

ラスベガス最後の楽しみは、ホリデーブランチ。
土・日だけ、各ホテルが実施しているビュッフェスタイルのブランチが楽しめるのです。
どこにしようか迷ったのですが、やはり一番人気と名高いパリスの「レ・ヴィレッジ」にしました。
左↓は、二重に折れ曲がっている長蛇の列です。さすが一番人気!一時間以上待ちました。
でも、美味しかった!楽しかった!品数も豊富で味もバッチリ!待った甲斐がありました。
f0147518_1053536.jpg
f0147518_10531220.jpg

美味しいブランチを堪能した後は、街をプラプラ。。。できましぇーん!!
暑い、暑い、暑い!!本当に命のキケンを感じる暑さです。
f0147518_10531996.jpg
f0147518_10532597.jpg
f0147518_10533218.jpg


ということで、ラスベガスで一番の高級ホテル、ベラージオで涼むことにしました。
昨夜、エッフェル塔から眺めた噴水ショーを地上から観覧です。
f0147518_10534059.jpg

左↓はホテルの中。お花畑や観覧車があってホテルの中とは思えない感じでした。
右↓はベラージオで買った置物。とっても可愛くて一目ぼれ!ちょーっと高かったけど買ってもらいました。
これ、ニュージャージーまで帰ると言うと、お店の人が30分くらいかかって梱包してました。
オカゲで割れることなく無事に到着。良いお土産になりました。
f0147518_10534736.jpg
f0147518_10535318.jpg


帰国前の最後の旅行でしたが、ラスベガスもグランドキャニオンも行って良かった!
旅程もお天気もとても満足でした。感謝!感謝!
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-07-14 22:20 | 旅行 ベガス・キャニオン  

ありがとう!グランドキャニオン☆

f0147518_951673.jpg
↑は、名付けて「ラスカル雲」!
ブライトエンジェルロッジの裏にあるリムを散策中に撮影。

サウス・ケイバブ・トレイルでのプチトレイルを終えた私たちは、バスでヤバパイロッジに戻り
やっと朝食にアリツイタのでした。
場所↓は、ロッジ敷地内にある「キャニオン・カフェ」。ってカタカナで書いてあるし。。。
f0147518_9515460.jpg
f0147518_952049.jpg

↓は、グランドキャニオン内を走ってるバス。
無料だし、本数も結構あるし、フル活用させてもらいました。
右↓はゴミ箱。
いや~、アメリカ人ってゴミの分別なんて全く意識がないイメージなんですけどね。。。
さすが国立公園、ゴミ一つ落ちてなくて、きれいでした。
f0147518_952828.jpg
f0147518_9521680.jpg


f0147518_951148.jpg朝食を済ませ、ロッジをチェックアウトし、後は午後2時にブライトエンジェルロッジ前にくるツアーバスに乗ってラスベガスに戻ります。ラスベガス到着は夜10時30分。そうなんです、8時間以上かかるのですよ。
それに大変だったのは、ブライトエンジェルロッジ前は各観光バスの出発場所なので、常時数十台ものバスが到着しては出発していくのです。この中から、どーやって乗るバスを見つけるのか!
日本みたいにフロントガラスに大きな表示があるわけじゃなく、バスの車体に名前が書いてあるとは限らないし、日本みたいに呼び出してなんてくれないし。。。こっちから一台一台バスの運転手に尋ねるしかありません。。。
でも、2台目に声をかけたバスが大当たりで無事に見つかりました。ラッキー!!

バスを探すまでに少し時間があったので、ブライトエンジェルロッジの裏のリムを散策しました。
右↓は散策中に写真が撮れる大きな岩場があったので、もちろん岩の端まで行って撮影。
左↓は。。。高所恐怖症のパートナー君は、どーしてもこれ以上崖っぷちに近づくことができずに、木の下で撮影。
f0147518_9512280.jpg
f0147518_9512899.jpg


↓は、お土産に買ったTシャツ。端から端まで歩いたし、プチトレイルもやったので、大きな声で言えると思います"I HIKED THE CANYON."
f0147518_9513640.jpg

ありがとう!グランドキャニオン!!
来て良かった!
安全な環境で大自然に触れ、その偉大さに圧倒され、忘れない体験となりました。
本当に楽しかった!
ありがとー!!さようなら~
f0147518_9505345.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2007-07-13 14:00 | 旅行 ベガス・キャニオン  

グランドキャニオンでトレイル体験

感動の日の出を見た後、朝御飯もまだだしお腹も空いていたのですが、頑張ってヤキ・ポイント
(Yaki point)までバスで向かいました。

昨日、リムトレイルで西の端のハーミッツ・レストまで行ったので、是非とも東の端のヤキポイントまで行って、グランドキャニオンのハーミッツレスト、ビレッジ、ケイバブの3ルートの端から端までを制覇したかったのでした。

早朝なのでまだ誰も居ないヤキポイントから。
ここは、他のポイントよりも一際広範囲に見渡せて、とても奥行きのある風景でした。
f0147518_16572580.jpg


さて、ヤキポイントからまたバスで移動し、サウス・ケイバブ・トレイルヘッドで下車。
まだ、朝食も食べていないのに、トレイルに挑戦することにしました。
グランドキャニオンを峰の上から見ているだけではなく、下ってみたい!
サウスケイバブトレイルヘッドのバス停に到着すると。。。右↓のような道しるべが一つ。。。
f0147518_1601959.jpg
f0147518_17131926.jpg

トレイルの入口には、「危ないぞ!」「怪我するぞ!」「熱射病になるぞ!」と、まるで脅しているかのような看板がたくさん立っています。もちろん、日本語もあり!
f0147518_17132697.jpg

↓はトレイルの入口近くの道です。
崖にへばりついているヘアピンカーブの道を下って行きます。
f0147518_15512985.jpg

日が高くなってきて直射日光が当たって来ました。
私たちはチョットだけ行って引き返す予定のプチ・トレイルでしたが、本当に下まで降りて行くなら日の出前に出発して太陽を避けないと命取りになるようです。
f0147518_15514143.jpg

↓の中央辺りに人がたくさん居ます。すごい崖でしょ?
f0147518_1552027.jpg

途中にも何枚も注意喚起の看板が。もちろん、日本語もあり。
f0147518_15521342.jpg

↓は30分ほど下った辺りで撮影。心なしかグランドキャニオンが近くに感じます。
f0147518_15523139.jpg

↓は途中の大岩の上で。後ろは断崖絶壁です!
f0147518_15523840.jpg

f0147518_15565084.jpg
f0147518_15565622.jpg

小一時間下って10時ごろになり引き返しました。日差しを遮るものも無く、この時間でも「ちょっと危ない!」感じでした。次回は、次回があれば、ぜひトレイルのゴールにある滝を見てみたい!
f0147518_15525383.jpg

プチ・トレイル体験でしたが、やって良かったです。
下るほどに、自分がグランドキャニオンの中に入って行く、上から見るだけでなく、グランドキャニオンとの一体感が楽しめるトレイルでした。
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-07-13 10:00 | 旅行 ベガス・キャニオン  

グランドキャニオンの日の出

グランドキャニオン内に宿泊した目的は、夕日と朝日を見ること!
今朝は、3時起きです。なぜなら、日の出が5時19分だからです。

グランドキャニオンの日の出ポイントは、メイサーポイント(Mather Point)です。
日の出の一時間前にはポイントに行きたいと思い、確か3時45分頃にロッジを出ました。
外へ出るとまだ真っ暗(当たり前ですが)。てくてくと徒歩でポイントに向かいました。

到着すると、茂みに突然大きな影が!!なんと!野生の鹿です。わずか3メートルほどしか離れていない所に、立派な角を持った鹿が居ました。あんな大きな野生動物と遭遇したのは初めてでした。

ポイントには、結構人が多かったのですが、立つ場所も広いので混雑している感じはなかったです。

さて、立ち居地を決めて、ジッと待っていると。。。。いよいよ昇って来ました!
グランドキャニオンの日の出です!
f0147518_14492049.jpg
f0147518_1451671.jpg
f0147518_14511328.jpg

周りの岩肌も朝日に照らされてきました。
f0147518_14512093.jpg

なんて美しい!
f0147518_14513011.jpg

崖の右側の上に居るのは人です。
f0147518_14513972.jpg

朝日に照らされるグランドキャニオンは、昼間とはまた違う景色に見えて美しい!
またまた、大自然にバンザイ!
f0147518_14514828.jpg
f0147518_145215.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2007-07-13 05:19 | 旅行 ベガス・キャニオン  

グランドキャニオン絶景と夕日

ヤバパイロッジで一息ついて、身支度を整えていよいよグランドキャニオン散策に出発しました。

この日のメインはグランドキャニオンに沈む夕日を観ること!
グランドキャニオンにはいくつか絶景ポイントがあります。この中で7月ごろに夕日を見るのに適しているのはホピ・ポイント(Hopipoint)。
夕日は事前に日没時刻を調べ、その3時間前くらいポイントに到着しておくのが鑑賞のコツのようです。
この日は7時30分ごろに日没なので、午後5時頃にホピ・ポイントに着く予定で出かけました。

先ず向かったのは、ヤバパイロッジから徒歩で行けるメイサー・ポイント(Matherpoint)。
舗装された道路を歩くこと約10分。
初めて目の前に広がるグランドキャニオンの雄大さに感動!!
f0147518_13545013.jpg

このポイントは先端まで行ける断崖が多く見応えあります。人があんなにたくさん。。。
f0147518_13545973.jpg
f0147518_1355720.jpg
f0147518_13551586.jpg


グランドキャニオンを徒歩で満喫したい場合は、リム・トレイル(Rim Trail)がよいです。グランドキャニオンの断崖沿いに作られた遊歩道を歩いて絶景を楽しむことができます。
東のヤバパイ・ポイントから始まり、西のハーミッツ・レストまで全長15キロ。割と平坦な道ばかりなので楽に散策できます。端から端まで歩いてみました。

↓は、ブライトエンジェルロッジの裏にある絶景ポイントから。
f0147518_13552547.jpg


↓は、リムトレイルで歩き続けて、ハーミッツレストの一つ手前にあるピマ・ポイント
(Pima point)から
f0147518_1355331.jpg


いよいよゴールのハーミッツレストに到着しました。
炎天下を歩き続けて結構疲れてます。。。
f0147518_14412876.jpg


もう4時半を過ぎていて、急がないと夕日に間に合いません。
ここからはバスでホピ・ポイントまで戻りました。
グランドキャニオンの夕日はすばらしかったです。大自然が造り出した壮大な景色に溶け込んでいく夕日は、何者も邪魔のできない荘厳さがありました。大自然に敬服!
f0147518_13554191.jpg
f0147518_13554975.jpg
f0147518_13555741.jpg
f0147518_1356418.jpg
f0147518_13561359.jpg


夕日を堪能した後は、バスでロッジに戻りました。夕食を済ませ暗がりをロッジに戻り、部屋に入る前に空を見上げると。。。満天の星空!!!夜空にラメを振ったみたいに無数の星がキラキラ輝いていました!!
また、大自然に敬礼!!
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-07-12 19:30 | 旅行 ベガス・キャニオン  

グランドキャニオンへ出発

二日目はグランドキャニオンへ。
グランドキャニオン内のヤバパイロッジで1泊するので、モンテカルロは一旦チェックアウトし、荷物はホテルに預けました。

グランドキャニオンへは、パークツアー・サービス社の「グランドキャニオンサウスリム 1泊2日バスツアー」を申込みました。ツアー料金は$290/人なので二人で$580。
グランドキャニオン内での宿泊は、施設が限られている上に人気も高く、予約が取り難いようです。私たちも第一希望のブライトエンジェルロッジが既に満室で、予約が取れたヤバパイロッジも残りあと1~2室というところに滑り込みました!

グランドキャニオンへ行くなら、セスナで飛ぶのもいいけれど、朝日・夕日好きの私はそれより、ぜひあの広大なグランドキャニオンで朝日と夕日を観てみたい!
念願かなって本当に嬉しかった!グランドキャニオンには感動がいっぱいでした。

左↓はフーバーダム看板。バスツアー旅程は右↓のとおり。
f0147518_12474774.jpg06:10 送迎バスによりホテル出発
07:00 バスターミナル到着(軽朝食付き)
07:30 デラックスバスで出発
08:30 フーバーダムにて写真撮影
09:45 アリゾナ州キングマンに到着。休憩
12:45 グランドキャニオン・ツサヤンの町に到着。昼食
13:35 グランドキャニオン国立公園入園
14:00 ブライトエンジェルロッジに到着
f0147518_12475932.jpg


ブライトエンジェルロッジでツアーバスを降りた私たちは、宿泊予定のヤバパイロッジへ向かうことに。
f0147518_1319436.jpg
f0147518_13195039.jpg
f0147518_13195842.jpgグランドキャニオン国立公園内では自家用車での移動が制限されているので、無料バスがあります。
このフリーシャトルバスは、赤・青・緑の3つのルートに分かれていて、それぞれ、ハーミッツ・レスト・ルート(赤)、ビレッジ・ルート(青)、カイバブ・トレイル・ルート(緑)と呼ばれています。乗車券は必要なく、バス停(左←)で待っていると、15分毎くらいでバスが来ます。

上↑の写真は、バス停を探しているときに見かけた列車です。さすがアメリカ!長い!駅のホームもとても長く、最後尾は見えませんでした。


f0147518_13123640.jpgバスでヤバパイロッジに到着です。
チェックインはバス停近くの案内所でします。宿泊する建物は周囲に点在しているのでバス停からは見えません。このロッジ周辺は公園の中でも開けた感じで、すぐ近くに郵便局やスーパーマーケットもあり便利です。
案内所の女性はとてもフレンドリー。夕日と朝日のポイントを確認し、鍵を貰い、荷物を持ってロッジを探します。

歩くこと約5分。木立に隠れてロッジがありました。しっかり場所を覚えておかないと、途中に目印も街灯も無いので、夜には道に迷いそうな感じです。
建物はレンガ造りの平屋で、至ってシンプル。ドアを開けると右↓のようにツインの部屋です。部屋やリネンは古いですが清潔感はありました。
f0147518_13125569.jpg
f0147518_1313878.jpg

天井には唯一の冷房装置の扇風機が回っています。昼間は観光してますし、夜は涼しかったので7月でもこれで十分です。右↓の洗面所は、これまた至ってシンプル。シャワーも使えましたし、ちゃんとお湯もでましたよ。
あのグランドキャニオンの大自然の中に1泊できるのですから、何も文句はありませんでした!
f0147518_13131997.jpg
f0147518_13132814.jpg


さて、荷物で一息ついたら、いよいよグランドキャニオン散策へ。次回へつづく。
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-07-12 06:10 | 旅行 ベガス・キャニオン  

ラスベガス到着とシルクドソレイユ“オー”鑑賞

2007年7月11日~14日の3泊4日で、ラスベガスとグランドキャニオンへアメリカ駐在中の最後の旅行に行きました。

(旅程)
一日目 ニューアーク空港からラスベガスへ(夜到着)
     シルク・ド・ソレイユ “オー” 鑑賞
     ホテル・モンテカルロ 泊

二日目 ホテルをチェックアウトし、バスでグランドキャニオンへ
     グランドキャニオン散策 夕日のグランドキャニオン!
     ヤバパイ・ロッジ 泊

三日目 グランドキャニオンでご来光!
     トレイルと散策
     バスでラスベガスへ(夜到着)

四日目 ラスベガスのホテル・パリスで有名ブランチ堪能!
     炎天下のラスベガスを散策
     ニューアーク空港へ
      

左↓離陸を待つ飛行機から。ニューアーク空港は大雨でした。
でも、右↓ラスベガスに到着前には雲間から夕日が差し込みとてもきれい。
f0147518_12481377.jpg
f0147518_12483192.jpg

ラスベガス空港には夕方に到着。大きなトカゲのお出迎え。空港内にまでスロットマシーンがありビックリ!
f0147518_1248441.jpg
f0147518_12485311.jpg


空港内のモノレールの駅には世界各国の都市が壁画になってました。
日本代表はやっぱりTOKYO。
f0147518_1249297.jpg


宿泊したモンテカルロです。撮影は翌日。価格とか総合すると良かったです。
f0147518_1249537.jpg


ラスベガス初日のメインイベントは、シルクドソレイユの「オー」鑑賞!
チケットはネットを何日も何日も検索し続けて、ほぼ中央の前から7列目辺りをゲット!
「オー」はすごく感動しました。ロングランでも人気が衰えない理由が分かりました。
固定劇場なのでセットも大掛かり!以前見た「バレカイ」より断然良かった!
↓は「オー」の劇場があるベラージオの通路から撮影。噴水ショーも手前に見えてます。
f0147518_12493175.jpg
f0147518_1250172.jpg


ベラージオに行く途中、夜のラスベガス散歩。夜なのに、暑い!暑い!暑い!
なんじゃー!この暑さは!!
f0147518_12502354.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2007-07-11 12:00 | 旅行 ベガス・キャニオン