カテゴリ:NJのおでかけ・外食( 8 )

 

チャートハウス

f0147518_16594946.jpg

ニュージャージーの有名なレストラン「チャートハウス」に行きました。
↑は、レストランから見えるマンハッタンの景色。

このチャート・ハウスは、先に駐在していたパートナー君が、「こっちに来たら食事に行こう」とアメリカからメールをくれていたレストラン。
ハドソン川沿いに建っていて、シーフードがメインのNJではちょっと洒落たお店です。
行こう、行こうと言いながら、いつでも行けると思うとなかなかチャンスがなくて、結局、帰国間際に行くことになりました。ま、そんなもんですよね。
でも、NJ最後の外食には、良い思い出になってよかったです。
f0147518_16591696.jpg
f0147518_16592374.jpg
f0147518_165930100.jpg


↓は、食後に撮影。この見慣れたマンハッタンの景色とも、もうすぐお別れ。。。
3年間、ほぼ毎日のように見てきた景色ですが、見飽きることは無かったです。
一生忘れない景色の一つになりました。
f0147518_16593651.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2007-07-27 20:00 | NJのおでかけ・外食  

ハドソン川の流氷

今日、映画館からでてくると、ハドソン川の対岸のマンハッタン側の川岸がキラキラ白く輝いていました。ひょっとして。。。と思って、帰りに通るRoute5から眼下のハドソン川に目をやると。。。おお!来ました、来ました、流氷です。今年初めてかどうかは分かりませんが、昼間にこれだけはっきり見たのは今年初です。
f0147518_12224553.jpg

   
今月に入ってからオペラ鑑賞にの帰りに真夜中にフェリーに乗ると、ハドソン川の流れの中に小さな氷の破片が混ざっていたり、埠頭の淵に氷が付いていたので、今年は来るぞと思っていました。昨年は本当に暖冬で流氷が見られなかったので残念に思っていたのですが、やっぱり、冬のハドソン川には流氷が来ないとね(笑)
f0147518_1223183.jpg

   
「わ!流氷!!」と喜び勇んでバッグを開けると…カ、カメラが、ない!「なんでいつも入れとかへんの!」「取りに戻るぅ」「俺は行かへんで」「一人でええわ!」と穏やかな会話をしながらカメラを取りに戻り、せかっくなので川岸まで降りてみました。運転手君、ご苦労!
f0147518_1223516.jpg

   
川の流れの関係で、残念ながらニュージャージー側にはあまり接岸しておらず、ニューヨーク側に接岸しているようでした。ということで、GWBが良く見える“Fort Lee Histric Park”へ移動し、上からハドソン川を撮影することにしました。
↓の写真は運転手君撮影。マンハッタン側の橋の袂に白く見えているのは氷です。
f0147518_12253975.jpg

     
マンハッタンの160~170丁目辺りになります。
f0147518_12255512.jpg

     
GWBより北側、ハドソン川の上流からどんどん流れて来てます。
f0147518_12261745.jpg

   
徐々に“自然派ブログ”に転向?しつつあるようです(笑)いやー自然は美しいですね。今年は久しぶりに全面凍結するかもしれませんね。楽しみ!
[PR]

by cinnamommilktea | 2007-02-11 12:00 | NJのおでかけ・外食  

ジョージワシントンブリッジ75周年

ニュージャージー北部とマンハッタン島を結ぶ、ジョージ・ワシントンブリッジが10月24日に開通75周年を迎えました。
地元ニュージャージーの北部では、お祝いムード...など全くないのですが、ニュージャージーのみならず、アメリカ北東部の発展に大きく寄与したこの橋にいつかしら地元民として愛着を持つようになりました。私にとっても文字通りマンハッタンへの“架け橋”であるこの橋について、記しておこうと思います。

GWBは1931年の開通当初は世界最長の吊り橋で、その姿も世界一美しいと讃えられました。
f0147518_5442452.jpg
   
10月24日には、お祝いに星条旗が掲げられました。(当日は撮影できなかったので、この写真は9.11の追悼のときのもの)
f0147518_5445982.jpg

GWBはニュージャージー州とマンハッタンを結ぶ唯一の橋です。1931年のGWBの開通によりニュージャージー州北部の風景は、全米一の“のどかな農村”から、その生活文化をも大きく変貌させる激変を遂げることになります。

これはハドソン川クルーズのときに撮影。向こうにマンハッタンが陽炎のように見えてます。
f0147518_5454291.jpg
        75周年に向けて数年間お化粧直しが行われていました。      
f0147518_5455919.jpg

1920年代初頭、ニュージャージー側から、近代都市として大きく発展しつつあるニューヨークへの交通需要が高まります。この当時、ニュージャージー北部の不動産広告には、当時運行していたニューヨークへのフェリーを利用した[マンハッタンの125丁目へフェリーで6分!」などの文句が踊っていました。

しかし、GWBの基礎工事が始まった1927年に、フォード社の自家用車“Model A”が販売開始となり、全米に自動車革命が起こります。アメリカ車社会の幕開けです。

f0147518_5464263.jpg

GWBが完成する1931年までにフォード社は430万台の自家用車を売上ます。1927年のHolland Tunnelの開通を皮切りに、GWB、Lincoln Tunnel(1937)そしてマンハッタンの東側のTribrough Bridge(1936)、the Bronx-Whitestone Bridge(1937)と自動車需要の伸びに合わせて、マンハッタンを挟んで東西のトンネルと橋のネットワークが出来上がっていきます。
f0147518_5471175.jpg

橋とトンネルの次に整備されるのが道路です。ニュージャージ北部つまり、私の住むBergen County(バーゲン県)には、GWB以前は主要道路は9WとRoute17の2本でした。そして、GWB開通から1940年までにRoute4とRoute46が整備されます。第二次大戦後、アメリカはハイウェイ建設に力を入れます。1960年までにはNJ Turnpike(ニュージャージー有料道路)や、紅葉が綺麗なPalisades Parkwayが、1970年までにRoute80が建設され、現在の道路環境がほぼ整います。
f0147518_548893.jpg

GWBは上の写真のように現在は2階建てですが、建設当初はアッパーレベルのみの一階建てで、しかも赤字続きで中央2レーンを閉じたまま数年が過ぎます。しかし、戦後の経済発展と人口増加により通行量が飛躍的に増し、1958年にローワーレベルの増設が始まり、1962年に完成します。この増設は、設計段階から計画されていたので、強度的に問題はないそうです。

そして、GWBとハイウェイの整備により、1940年代に約40万人だったバーゲン県の人口は、1960年代には約78万人となり、今日既に90万人を超えています。

マンハッタンのグリーンマーケットで毎朝売られている野菜が生産されている大きな農場が広がる風景も、ウッドベリーコモンやガーデンステイトプラザのような大きなモールが数多くある風景も、ニューヨークのベッドタウンとして住宅建設ラッシュが続いている風景も全て、GWB開通に始まっているのです。

   以上は地元新聞のGWB特集記事を参考にしました。最後に特集の見出しです。
   “North Jersey as we know it was born on Oct.24,1931.
    The day the bridge opened, the region was changed forever.”
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-10-24 10:00 | NJのおでかけ・外食  

リンゴ狩り in ニュージャージー

ウッドベリー・コモンの帰り道、農場にリンゴを買いに行きました。
Route17の途中で横道にそれること約20分。マスカー果樹園(Masker Orchards)に到着。

     果樹園の受付?です。
f0147518_3552654.jpg

ここでリンゴを買おうと思ったら、月曜日ということで売店はお休み。「リンゴが欲しのかい?だったら自分で採ってくるしかないね~」と不敵な笑みを唇に浮かべた受付のお兄さんの挑発に、(お出かけ用のジーンズにお気に入りのローファーなのに・・・)
「オーケー!やってやろうじゃないの!!」と思わず返事をしてしまったのでした。

f0147518_356858.jpgf0147518_3562243.jpg

この果樹園は広い!!歩いてはとても一周できないほどの広い丘に、恐らく数千本のリンゴの木があります。でもご心配なく。受付で収穫用のビニール袋を受け取り、自分の車で下の写真のような道を登って収穫場所の近くまで行けるので楽ちんです。

     遥か下に受付があります。これでまだ1/2くらいしか登ってません。
f0147518_3571236.jpg


果樹園にはかなり多くの種類のリンゴの木があります。むつ、ジョナゴールドなどのお馴染みの名前もありました。(ふじは無かったと思います)
農場を一周しましたが、どれが収穫時期なのか分からないので車で受付まで聞きに戻りました。この時はマッキントッシュ(MACS)という種類が収穫時期ということでした。生食に向いている種類だそうです。 

 この看板がMACSの目印。          この看板は収穫禁止です。
f0147518_3574592.jpgf0147518_35869.jpg

f0147518_3591154.jpg


車道から一歩中に入ると、下の写真のような景色です。まるで迷路のようでした。リンゴの木は、枝が地面まで垂れ下がって、リンゴがたわわに生っているので収穫に夢中になって木から木へ移動していると、お仲間とはぐれるかもしれません。
f0147518_423954.jpg


月曜日だったので、おそらく週末に、採りやすい枝は既に収穫済み。雑草の生い茂る険しい丘を、牛革のローファーで歩き回ること1時間以上。頑張ってビニール袋一杯になったので収穫を終了し、果樹園の一番上までドライブしました。労働の後?の丘の上から見える景色は、清々しく美しいものでした。
f0147518_43833.jpg
f0147518_433725.jpg

     
これがこの日の収穫!! 30個くらい入ってます。料金はビニール袋一袋で16ドル75セント。
f0147518_441468.jpg

 
予定外のリンゴ狩りでしたが、とても面白かったです。え?リンゴの味は?うーん。このマッキントッシュは酸味が強い種類でした。でも多少すっぱくても自分で収穫した作物は、美味しく感じるものです!
確か、9月4週目はゴールデンデリシャスが採り頃という看板が出てました。10月中まで楽しめるようです。とても非日常的で楽しかったので、また来年行こうと思います。
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-09-11 14:00 | NJのおでかけ・外食  

デマレスト・ファーム 農場で野菜を買う

私が暮らすニュージャージーは、ニューヨーク市の隣にありながら自然が豊かです。
ニュージャージー州のニックネームは ガーデンステイト(the Garden State)。車で少し行けば、ガーデンならぬ農場が多くあり、農業が主産業の一つです。
 
季節によって、Pick Your Own (自分で摘む)で、イチゴやブルーベリー、ラズベリー、リンゴなどの果物だけでなく、ハロウィーンのランタン用のかぼちゃを自分で収穫できるところもあります。また、農場で採れた新鮮野菜や卵、オリジナルジャムやパイなどが売られていたり、大きな農場にはレストランもあり、週末などは地元の人たちのブランチに利用されています。
 
今年は、デマレスト・ファーム(DEMAREST FARM)に行きました。1886年から続く歴史ある農場で、サラダバーが有名です。種類も豊富で、特にポテトサラダが美味しいです。

 6月上旬です。ハウスにはお花がいっぱい。もちろん売り物です。
f0147518_832399.jpg

f0147518_833422.jpgf0147518_833167.jpg
f0147518_8332968.jpgf0147518_8334749.jpg

7月に入ってからは連日35度を超える猛暑で、体感温度は40度を超える日も珍しくないのですが、6月頃までは豪雨が続きニュージャージーの農場も洪水と日照不足の被害を受けました。被害額は数十億円に上るとニュースで言っておりました。
そのテレビのニュースでインタビューを受けていたのがこのデマレスト・ファームの農場主さん。「今年は野菜が不作で、うちの農場の野菜は出せないんだよ」と言っているのを聞いて、「え?じゃあ、あの買った野菜は。。。」と、暫し呆然としたのでした。(今は天候も回復し、美味しい野菜が出ていると思います。)
 
[PR]

by cinnamommilktea | 2006-05-14 10:00 | NJのおでかけ・外食  

ハドソン川 遊歩道でお散歩

f0147518_5351944.jpg5月に入って、やっと春らしくなってきました。
ハドソン川沿いにある遊歩道からの景色です。
のどかな春の一日です。


  ジョージ・ワシントン・ブリッジ
f0147518_5354325.jpg


  マンハッタンを眺めるかもめ
f0147518_535548.jpg
f0147518_536289.jpg

f0147518_536556.jpgf0147518_537559.jpg
f0147518_5371391.jpg


 タグボートが上流に向かって船を引いています
f0147518_536403.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-04-30 12:00 | NJのおでかけ・外食  

Fort Lee Histric Park と 有名?ホットドック

f0147518_1321593.jpgニュージャージーに暮らして一番いいと思うのは、
マンハッタンを眺めることができることです。
この Fort Lee Histric Park はハドソン川沿いの
土手の上にあり、その昔、独立戦争で
マンハッタン側にいたイギリス軍と戦った独立軍が
陣を張った砦跡という由緒正しい公園です。
砦跡や小さい博物館もあり、また、ジョージワシン
トン・ブリッジが手に取るように見えるという隠れ
名所でした。
大砲が狙っている対岸はマンハッタンの160丁目
辺りでマンハッタン側にも砦跡があり、大砲が
こちらを狙っています。


     ジョージ・ワシントン・ブリッジ(GWB)   
f0147518_7355476.jpg

     GWBは2階建てです。アッパーレベルはいつも大渋滞!
f0147518_7362513.jpg

f0147518_7363911.jpg
f0147518_7365458.jpg

     ハドソン川河口とダウンタウンも見渡せます。
f0147518_7371787.jpg

この日はまだ真冬!至るところに氷が張っていました。独立戦争当時の砦跡もあります。
f0147518_7372820.jpgf0147518_7373663.jpg


散歩の帰り道、パートナー君が「確か有名や!」と言ったホットドック屋さんへ立ち寄りました。でも、ココ、この後すぐに閉店したんです。どうやら、有名だったのは隣の店だったみたい。
f0147518_7382961.jpg

写真を撮る前に、台所で立ったままカジッタ奴がいるのだ!それにしても看板通り“So Big”
f0147518_7383839.jpgf0147518_7384714.jpg

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-02-19 12:00 | NJのおでかけ・外食  

本格派サムゲタンのお店

住んでみると。。。ほとんどコリアンタウンだったニュージャージーのこの辺り。クリーニング店など「手に職」関係のお店は、殆どがコリアンのお店です。愛想もよくて、やっぱりアジアンな雰囲気がホッとするのです。
こっちに来て毎週見ているのが「チャングムの誓い」。その中に出てきたサムゲタンを一度食べたいと思っていたら、美味しいお店を見つけてきてくれたので早速食べに行きました。
f0147518_10144118.jpg
f0147518_10145167.jpg
f0147518_10145982.jpg

外観は窓も無くちょっと怪しいお店に見えるのですが、中は大衆食堂。この通り、看板もメニューもハングルオンリー。英語は通じないのですよ。メニューは他にもありますが、何か分からないので、私たちにはサムゲタン専門店です。

  Bang's Kitchen (一応英語名があります)
  320 bergen Blvd, fairview, NJ07022

[PR]

by cinnamommilktea | 2006-02-04 14:00 | NJのおでかけ・外食